お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

あなたの会社にも? 「社内不倫」に周囲が気付くキッカケとは?

ファナティック

不倫

唐突ですが、あなたは職場内で不倫をしていませんか? もししているという人がいても、それを公表している人はまずいないでしょう。ですがやはりいつも見ている周囲からすると、少しの変化でも敏感に感じ取ってしまうもの。職場内での不倫について、社会人の女性に聞いてみました。

Q.職場内に不倫カップルがいた、もしくは今もいる、という経験はありますか?

はい……13.4%
いいえ……86.6%

少数ではありますが、職場内に不倫カップルがいたという経験を持つ人もいるようです。ではなぜ不倫カップルだと気が付いたのでしょう。またそのカップルが周囲に与えていた影響とはどんなものなのでしょうか。

怪しいと思う行動から

・「社内行事のときに2人でこっそり会っていたので」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「おそろいのマグカップを使っていたり、同じ日に有休をとっていた。朝、一緒に職場に入ってきていた」(29歳/学校・教育関連/専門職)

・「飲み会のあと決まって一緒に帰る、一緒に登場するというわかりやすい行動ばかりだったから。既婚者側の配偶者が関連企業の人であるため、周囲が妙に気を使ってしまってめんどくさい」(29歳/ソフトウェア/技術職)

意外に詰めが甘い当事者の行動。人の動きに敏感な人であれば簡単に気づくことができます。一緒にいたいのはわかるけれど、完全に隠し通すならこんな行動には出ないはず。心のどこかに「気づいてほしい」という気持ちがあるのかもしれません。

周囲のうわさで

・「事実かどうかわからないが、上司と後輩の女性にそういううわさがあった。その後、後輩が辞めていったので真相はわからない」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「うわさになっていたので。いい年してみっともないなと思った」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

そのうわさが事実かどうかは自分で確認していないものの、限りなく黒といううわさには、誰かが現場を目撃したとか、わかりやすい言動があるとか、それ相応の理由があります。たとえうわさの域を出なくても、周囲の人は気を使ってしまうので、不倫がいい影響を与えることはないでしょう。

不倫の果ては……

・「ダブル不倫していたが結局両方とも離婚したらしい。男性の子どもはまだ小さかったのでかわいそう」(33歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「私は全然知らなかったが、すごいうわさになって離婚裁判になって離婚した。嫁→不倫相手→旦那の順に辞めていきました」(30歳/食品・飲料/事務系専門職)

社内でとことんうわさになった後、泥沼の離婚劇を迎えた不倫カップル。自分たちだけの闘争ならまだしも、幼い子どもを巻き込み、さらには仕事も失い、誰一人幸せになることがなかったという結末が多く見られるようです。

まとめ

不倫は決して褒められたことではありません。ですがそれも大人の世界の話。他人が逐一口を出すことでもないでしょう。自分自身のとっている行動が、周囲に悪影響を与える可能性もあるということをしっかり理解した上で、常識ある行動をとってもらいたいものですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数194件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE