お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

女性必見! 彼氏と長く付き合い続けるコツ6つ 「過干渉はNG」「思いやりを忘れない」ほか

ファナティック

大好きな彼氏との付き合いは、少しでも長く続けられるよう、努力したいものです。半年もすればマンネリ化してしまうカップルもめずらしくないですものね。今回は女性のみなさんに、彼氏と長くお付き合いするコツについて、アドバイスをいただきました。

干渉しすぎない

・「お互いを干渉しすぎない」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「干渉しすぎない。お互い自由にできる時間を作る」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「お互いに干渉・依存しすぎないこと。それぞれ一人の時間も大事にすること」(26歳/金融・証券/販売職・サービス系)

長く付き合うためには、お互いあまり干渉しすぎないことが大切なようです。いつも二人で一緒にいて、自由な時間すら持つことができなければ、どれほど好きな相手でもうんざりしてくるもの。干渉したり束縛しすぎないことは、男性に嫌われないコツでもありますね。

思いやりを持つ

・「相手に対する思いやりを持ち続ける」(26歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「お互いに思いやりと優しさを持つこと」(32歳/不動産/専門職)

・「互いの気持ちを思いやること」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

長く付き合うと忘れてしまいがちなのが、お互いを思いやる気持ちです。初めのうちは、お互いのことを気遣いあっているものですが、慣れが生じると、だんだん相手に優しく接する気持ちなども薄れてきますので、気をつけたいものです。

感謝の気持ちをわすれない

・「感謝の心を忘れずに持ち続けること」(31歳/電機/事務系専門職)

・「ありがとうを忘れない」(31歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「感謝の気持ちを絶えず伝える」(27歳/食品・飲料/技術職)

付き合っていると、つい恥ずかしくて言えなくなるのが、感謝の言葉。心でいくら思っていたとしても、それは口に出さないと通じないものです。たまには感謝の意を込めて「ありがとう」とひと言、口にだしてみてはいかがでしょう。

ほかにもこんなコツが

・「あまり相手に完璧を求めすぎず、ある程度逃げ場を作ってあげると、良好な関係を築ける」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「無理をしない。自分がつかれてしまうから。良い面ばかりをとりつくろうとしない」(30歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「相手を否定するような言動は避ける。お互いの生活を尊重すること。頻繁に会い過ぎないようにすること」(24歳/食品・飲料/専門職)

一番大切な人のはずなのに、時間の経過とともに、いつのまにか一番気を使わない人へと変わっていってしまうものです。彼のことを冷たくあしらったりしていませんか? 彼もその行動に傷ついているのかもしれませんよ。

まとめ

大好きな彼と長くお付き合いをするには、いつまでも相手のことを思いやる気持ちがなければなりません。長く付き合うにつれ、お互い相手に気を遣わなくなりがちですが、そこから小さな亀裂が入ってしまうことも。気をつけたいものですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません
※『マイナビウーマン』にて2015年10月~11月にWebアンケート。有効回答数204件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE