お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

妬んでも意味ナシ!? 職場の「後輩女子の結婚」に対する女性のホンネ。

ファナティック

結婚は、人生の中でも大きなライフイベントのひとつ。そのため、周囲の人の結婚情報にはついつい敏感になってしまう……なんて人も少なくないのでは? 特に、自分よりも後輩の女性が結婚となると、複雑な感情を抱いてしまうことも。そこで今回は、「後輩女子の結婚」にまつわる本音を、働く女性のみなさんに聞いてみました。

Q.あなたは、職場の後輩の女性が結婚することになったとき、素直に祝福できると思う?

祝福できると思う……82.1%
祝福できると思わない……17.9%

<「祝福できると思う」と回答した女性の意見>

■自分のペースがある

・「先を越されたとは思うが、独身でも十分充実して楽しい生活を送っているので、妬みはない」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「その人の人生だから、自分には関係ない」(31歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

結婚に競争心を燃やす人ばかりではありません。結婚にはその人にとってベストなタイミングがあります。他人の結婚に一喜一憂していては、自分の中でのいい出会いや、結婚のタイミングも逃してしまうかも。

■自分が結婚しているから

・「自分が結婚しているので、余裕でお祝いできる」(31歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「もう自分が結婚しているから、妬みとかはない」(29歳/金融・証券/営業職)

自分自身が結婚しているため、素直にお祝いできるという人も。たしかに、結婚していれば、後輩が結婚したとしても特に気にならないかもしれませんね。

<「祝福できると思わない」と回答した女性の意見>

■先を越されたくない

・「私のほうが先に結婚したいので」(33歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「順番を考えて結婚してほしいから」(30歳/医療・福祉/専門職)

後輩女子の結婚に対し、「先を越された!」と思ってしまうというリアルな意見も。後輩が結婚することによって、焦りを感じてしまうみたい。でも、うらやましい気持ちや嫉妬の感情をあからさまに出さないようには気をつけて。

■所詮他人の幸せ

・「自分以外の幸せは、本当に仲のいい友だち以外祝福する気持ちは起きない」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「自分が幸せなときでなければ喜べない」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

他人の幸せを心から喜べるのは、親しい人であったり、自分が幸せなときじゃないと……という人も。たしかに、自分の心に余裕がなければ素直に喜ぶことは難しいのかも。

<まとめ>

8割以上が、後輩女子の結婚に対して「祝福できる」と回答する結果となりました。「人は人、自分は自分」とあまり気にしない女性は少なくないみたいですね。ただ、心の中では悔しいと感じている人も、表向きは祝福の笑顔を向けておくのが大人の女性としての振る舞いなのかも。他人の幸せをきちんと祝福できる人は、自分が「幸せだ」と思うできごとがあったとき、きっと周囲も祝福してくれるはずですよ。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数175件(22歳~34歳の働く女性

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE