お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

紳士ぶってるけど、本当はあの子と●●したい! じつは男子が我慢してるコト

ファナティック

東京駅気になる相手ができたからといって、その人に対してつれない態度をとってしまうことはよくあります。もっと近づきたいという気持ちと、クールな自分を装いたいという気持ちが葛藤している状態について、社会人の男性に聞いてみました。

Q.気になる異性に対して、本当はもっと近づきたいけど、「がっついてない風」に装うことはありますか?

ある 13.7%
ない 86.3%

少数ではありますが、がっついていないように装った経験があるという男性もいるようです。そんな、装った経験のある男性に、本心と表向きの態度にはどのような違いがあるのか聞いてみました。

触れたい、でも触れない

・「本心ではボディタッチも含め絡みたいけど、実際は紳士的な態度」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「もっとスキンシップをとりたいが、触られるとつい引いてしまう」(29歳/農林・水産/技術職)

触れたい気持ちを抑えながら平静を装う男性も多いようです。親しい関係にならない限り、男性に触れられることを嫌がる女性は多いもの。そういった意味ではこの判断は適切なのかもしれません。

嫌われたくない

・「本心ではもっと近づいて話したいけど、寄り過ぎると嫌われてしまうかもしれないから、話しかけられない」(28歳/情報・IT/技術職)

・「ほんとは話しかけたいけど忙しかったりして、迷惑かもと」(24歳/医療・福祉/専門職)

もう一歩踏み出したいけれど、嫌われるのが怖くて踏み出せないパターンです。好きであればあるほど、当たって砕けろとはなれないのでしょう。頃合いを見てベストなタイミングで近づけば恋の成就も近づくでしょう。

あえて紳士をアピール

・「食事に誘うときに、『サイゼリア行く?』みたいな形にします。決して口説きじゃないんですよと」(36歳/機械・精密機器/営業職)

・「紳士な態度をとるが、ホントはもっとがっつりといきたい」(29歳/医療・福祉/専門職)

紳士的な自分をアピールする人もいます。がっついていることを気づかれて引かれたくないという気持ちもあるようです。女性は紳士的な男性に惹かれますが、いつまでもこの状態が続くと自分には気がないのかな? と思ってしまうかも。

駆け引きに出てしまう

・「LINEなどでメッセージを受け取ったとき、すぐに返信したいけど、ちょっと焦らしてみたりした」(38歳/電機/技術職)

・「本心はもっとしゃべりたいしアピールしたいけど、気のないふりをしたりする」(32歳/小売店/事務系専門職)

気のないそぶりで相手の気を引こうとする男性もいます。この駆け引きを楽しめるか、面倒だと感じるかは女性次第。駆け引きは適切なタイミングで切り上げることが大切です。

誰しもガツガツした自分を見せるのは気が引けるものです。ですが、このようなそぶりが時には自分には興味がないのだろうと認識させてしまうこともあります。友だち止まりで終わってしまうか、恋に発展するかは、お互いが歩み寄るタイミングにかかっているのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年10月~11月にWebアンケート。有効回答数102件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]