お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

男子の下心を調査! 「自宅に招待される」=「GOサイン」だと思う?

ファナティック

ソファおうちに招く、おうちを訪ねるという行為は、ある程度親しくないとなかなかできないこと。お互いのテリトリーに入るのですから、当然ですよね。よほどのことがないと、男性を自分の部屋に招き入れる、もしくは男性の部屋に入る、ということはないと思いますが、男性たちはこの行為をどういう風に捉えているのでしょうか?

Q.ふたりきりで女性の家に入ることをOKされたり、ご自身の家の女性が来ることをOKされたら、それは一線を越えていいという女性からのサインだと思いますか?

「思う」……46.4%
「思わない」……53.6%

大人の男性たちに聞いてみたところ、このような回答が。意外にも「部屋に招かれたからといって別に……」という人が多いようです。では、それぞれの回答を選んだ理由を見てみましょう。

<「思う」派の意見>

親しくないとダメでしょ!?

・「なんとも思っていない人を家に入れたりしない。と思うから」(28歳/情報・IT/技術職)

・「向こうも期待してるのではないかと思うから」(32歳/小売店/事務系専門職)

・「常識のある女性なら、OKのサインだと分かっているだろうから」(37歳/情報・IT/クリエイティブ職)

子どもではないんですから、お部屋に2人きりになった男女がどうなるか、その可能性を思いつかないわけはありません。ストレートに考えれば、確かに男性側はGOサインがでた、と思うものかもしれません。

据え膳食わぬは……

・「逆に手を出さないと失礼だと思ってしまう」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「逆に失礼」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「その心構えができてない状況で、家に入れるのは酷」(30歳/機械・精密機器/技術職)

「据え膳食わぬは男の恥」なんて言いますが、女性からOKだと言っているのに、手を出そうとしないのは、女性に傷つける行為。それに応えるのが男のマナーというものでしょう。

では逆に「GOサインってわけではないでしょ……」と感じている男性たちの意見を見てみましょう。

<「思わない」派の意見>

友だちとして……

・「仲よ良くしたいだけかもしれないから」(31歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「ただの相談かもしれないから」(29歳/建設・土木/事務系専門職)

・「ただの仲のいい友だちでも、そうする人もいるから」(32歳/食品・飲料/技術職)

よほど異性として意識していない相手だったら、友人として親しくなるために家に行くこともあるでしょうが、大人の男女でそれはなかなかないですよね。

がっつき過ぎ!

・「そこまで下心を持っていないから」(32歳/商社・卸/事務系専門職)

・「気が早すぎる」(33歳/機械・精密機器/技術職)

・「家に入るだけなら特に思いません」(35歳/その他/事務系専門職)

まだ付き合ったばかりだったら、焦って行為に及ぼうとすると逆効果。「こんなにガツガツしている人はイヤ」となってしまいますもんね。

おうちに招く、訪ねるという行為は、男女の間では特別なもの。男性たちにはその意味をしっかり分かってもらいたいものですが、なかには「友だちとしてでしょ?」なんて思ってしまう人も……。気になる彼をおうちに招くプランを立てている人は、ぜひ、当日が来る前に、気持ちをばっちりアピールしておいてください!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年11月にWebアンケート。有効回答数110件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]