お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

女子が暴露! 誰にも理解されないと思う、私のちょっとヘンな趣味8

ファナティック

秘密世間一般的にウケがいい女性の趣味といえば、料理や読書、映画鑑賞などでしょうか。ですが自分はそんなことどうでもいい、ちがうことに興味があるという人もいるでしょう。誰にも理解してもらえないかもしれない、一風変わった自分の趣味を、女性のみなさんに聞いてみました。

家の中での裏の顔

・「ぬいぐるみと毎日お話してること。旦那にもらった婚約指輪より、クレーンゲームで取って貰ったうさぎのぬいぐるみのほうが大事だとは口が裂けても言えません」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

・「自分の好きな俳優さんと女優さんをモデルにしたラブ小説を書くことです」(31歳/その他/その他)

表では社交的な自分を演じているけれど、家に帰れば他人が想像できないような一人の時間を過ごしている人も。若干の恐怖も感じる趣味なので、あまり公言しないほうがいいかもしれません……。

人には見せない激しい一面

・「ライブでヘドバンをすること。激しい曲でヘドバンするほど、ライブに行ったという充実感に浸れます」(23歳/医療・福祉/専門職)

・「一人カラオケで7、8時間歌っていること」(33歳/その他/クリエイティブ職)

どんなに頭痛に悩まされても、好きなことはやめられません。普段は穏やかな人が見せる激しい一面は破壊力抜群です。人にはいろいろな顔があるんだなぁと実感させられますね。

男友だち優先で何が悪いの?

・「女友だちなんて面倒くさくていらないと思っていること。男友だちのほうが楽」(28歳/機械・精密機器/技術職)

・「彼氏がいても、男友だちと普通に遊ぶ。男女関係が何もないけど、理解してもらえない」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

対人関係の優先順位、女性なら必ず彼氏が一番と思っていませんか? 中には友人、しかも男友達優先という人もいます。彼女たちの悩みは男好きだと思われてしまうこと。ただ、さっぱりした付き合いが好きなだけなのに。

私が働く理由

・「アイドルの追いかけを高いお金がかかってもしている」(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「海外旅行に一番お金をかけていること。しかも、マイナーな国にばかり行っているから」(33歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

生きていくためにはお金がかかります。ですが日常生活を若干犠牲にしてでもお金をかけたいこともあるでしょう。ただ他の人と少しお金のかけるところがちがうだけです。かけがえのない時間を過ごすための出費は惜しみません。

趣味は忙しい現代人にとって究極の癒しでもあります。趣味に没頭する時間を持つことでメリハリのある毎日が送れるのです。他人にとやかく言われる筋合いはありません。自分で責任を持てる範囲で趣味を楽しみましょう。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数211件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]