お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

「生理中の彼女」とデートで、“気をつけるべき”ポイント3つ

ファナティック

生理中に気遣ってほしいこと

生理中のデートっていつもとはちがい、ちょっとゆううつですよね。いつもだったらウキウキワクワクだけれど、生理のときは「ちょっと面倒……」なんて思ってしまう人も少なくないでしょう。その気持ちは男性だって察してくれています。そこで今回は大人の男性たちに、彼女が生理中だとわかったらデートのときに気づかいたいポイントについて教えてもらいました。

おうちデート

・「あまり遠出しないよう、おうちで映画を見たりする」(35歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「なるべく自宅デートや動かないデートにする」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「なるべく部屋の中にいる」(33歳/学校・教育関連/専門職)

・「家でゆっくり過ごせるようにする」(24歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

これが一番安心ですね。できれば、女性が一番落ち着くであろう自宅でおうちデートをして、のんびりまったり過ごしたいものです。

言動に気を付ける

・「あまり相手を怒らせる、デリカシーのないことは言わないようにする」(28歳/情報・IT/技術職)

・「懇切丁寧な言葉遣いとへりくだり」(32歳/商社・卸/営業職)

・「不要な言葉は慎む。なるべく前を見る。人ごみは避ける。運転は優しく。甘いものを用意する」(37歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「ストレスのないように気を使う」(27歳/機械・精密機器/技術職)

生理中はホルモンバランスが崩れることにより、精神的にちょっと不安定になります。不要に彼女を不機嫌にしないために、男性も気を付けているんですね。

休憩をこまめに入れたり……

・「トイレ休憩の時間を多く取る。座りっぱなしにならないようにする」(37歳/金融・証券/営業職)

・「疲れないよう長時間の外出をさける」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「なるべく休めるような場所を確保する」(38歳/通信/技術職)

・「あまり歩き回ったり、疲れることはしない」(31歳/情報・IT/技術職)

貧血気味な彼女のために、歩き回ったり、長時間立っていることのないようにする……女性として、有り難い気づかいですよね。これくらいしてもらわないと、いつ何時体調が降下してしまうかわかりません。

生理中の女性の体と心は非常にデリケート。どちらも無理をさえると、大きなダメージを受けてしまいます。男性たちには、そのあたりをしっかり理解してもらい、生理中でもお互いに満たされるデートをしたいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年10月にWebアンケート。有効回答数102件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]