お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 働き方

会社で後輩に嫌がらせ!? 自分をイヤな先輩だと思った瞬間

船橋麻貴

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

社会人のキャリアが長くなってくると、後輩を指導する立場になることも。後輩にやさしく接しようと思いつつも、ときに厳しくしなければいけないときもありますよね。自分がイヤな先輩だと思った瞬間を働く女子に聞きました。

不機嫌なオーラ

「イライラしているときに後輩に話しかけられると不機嫌そうな態度を取ってしまう。あとでいつも後悔してしまいます……」(32歳/IT)

仕事中にピリピリとしてしまう場面はあるもの。しかし、不機嫌なオーラを醸し出すと職場の雰囲気も壊しかねませんよね。

後輩の彼氏批評

「後輩に彼氏ができたときに、人生の先輩ぶって『ちょっと見た目が頼りない』『いい企業だから稼ぎも悪くなさそう』などと彼氏の批評をしてしまいます。つい思っていることを口に出してしまうので、素直に祝福できるようになりたいです」(29歳/出版)

いろいろ先輩として思うことはあるかもしれませんが、幸せそうなカップルには素直に祝福してあげたほうがよさそうです。

見て見ぬふり

「上司に理不尽なことを言われている後輩をかばえず、見て見ぬふりをしちゃったとき。ダサいとは思いながらも、私の上司でもあるのでなかなか口をはさめず……」(31歳/金融)

立場上かばいきれないこともあるとは思いますが……、悪いことは悪いと言える先輩でいたいものですね。

順調な後輩に嫉妬

「仕事で成績のよかった後輩につい嫉妬してしまって、『調子がいいときほど気を引き締めて仕事しないと失敗するよ』と言ってしまいました」(28歳/小売)

後輩が仕事でうまくいったときこそ、一番に喜んであげられる先輩でいたいものですね。

「自分でもダメなのはわかっているけど止められない……」という瞬間もあるようです。業務上厳しく指導しなければいけないときもあるでしょうが、嫉妬や余計なおせっかいはなくしたいものです。あなたは自分で「イヤな先輩だな」と思う瞬間はありますか?

※画像は本文と関係ありません

(船橋麻貴+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]