お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

恋愛パワーをチャージしてくれる恋愛バイブル7選

最近、恋をしてない。恋人がいても、ドキドキが減ってきてしまう……。ときめきの仕方を思い出したくなることはありませんか? そんなときは、恋愛バイブルの出番! 今回は、恋愛パワーを充電できる、おすすめ恋愛バイブルを働く女性たちに聞きました。

恋愛マンガといえば「矢沢あい」!

・「NANA。切なさとか色んな感情に浸れる」(31歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「ご近所物語。軽い気持ちでキュンキュンできる」(26歳/食品・飲料/技術職)

・「天使なんかじゃない。片思いの時の辛さを思い出すから」(33歳/その他/クリエイティブ職)

矢沢あいさんの作品は、どれも一気読みをしたくなります。さまざまな恋愛模様を描いてくれるので、自分自身と重ねられる部分も。一度、全作品を読んでみたいですね。

純粋な恋

・「君に届け。10代の頃のきゅんきゅんを思い出してときめいてしまうから」

モテモテの男子生徒と、友達も少ない暗い女子生徒。正反対のような存在の二人だけど、決して噂に左右されない男子の一途さにキュンキュンします! 大人が読んでもときめきをチャージできるはず。

愛されるすばらしさを実感

・「花より男子。主人公のトキメク気持ちに、やっぱり女だし、誰かにときめいていたいと改めて思い、彼に対しても何らかの答えが出せそうだから」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

一般家庭の女子と、大金持ちの男子。はじめは、イジメのターゲットだった女子の打たれ強い性格に、セレブ男子がついには惚れてしまう……。二人の困難を乗り越えていく様子は、読者に元気をわけてくれますよね。

不思議な同居生活

・「きみはペット。主人公が同じような年齢だし、境遇なども似ているから」(27歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

ある日突然、ペットになってくれたイケメンの居候。だけどエリートのイケメン彼氏もちゃんといます。ちょっと現実離れしているところもあるけれど、妄想好きにはたまりません。ライトに読める楽しさがいいですね。

甘さだけじゃない

・「唯川恵の恋愛小説。ほろ苦くて大人の恋愛と言う感じがする」

大人の恋愛のもどかしさや葛藤を、読みやすい文章で描いています。共感しつつ、ときには考えさせられることも。唯川作品の数々、一度は読んでおきたいですね。

まとめ

元気をもらえるものや、恋の楽しさを感じられる作品がずらり。恋愛パワーが少し下降気味のときには、本からときめきをわけてもらうのも、いいかもしれませんね。

(藤平真由美/OFFICE-SANGA)

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数222件(22~34歳の働く女性)
※画像は本文と関係ありません

お役立ち情報[PR]