お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 働き方

「会議をすっぽかす」「勤務中に美容院へ」女性が職場でイラっとした無責任行動14選!

大場杏

責任あるポジションとは関係なく、個人の責務としてまっとうする義務があるのが仕事。しかし、一体誰が「責任」の範疇を決めているの? 自分の常識は、すべてに人に通づる常識とは限りません。人が「無責任」と感じる行動は、どのようなものか聞いてみました。自分の考えがマジョリティかどうか、無責任な行動と思われてないかチェックしてみましょう!

逃げグセのある人々

・「『俺は関係ない』と話を聞いてくれない上司。相談しようと思ったらサラッと逃げられてしまった」(32歳/不動産/専門職)
・「『あとやっといて』と丸投げされた。説明もなく投げられたのでありえんと思った」(32歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)
・「会議をすっぽかされた。課長がいないとわからない会議なのにいなかった。」(33歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)
・「以前勤めていた職場で、体調が悪いと言ってやたら休む先輩がいた」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

責任逃れする上司の多いことこの上なし。どこの会社にもいるようですが、むしろ必須なポジションのようにさえ思えるくらいです。体調不良は魔法のワードで、必ずしも体調不良とは限らないのは周知の事実。

自己保身万歳

・「いい加減に返事をしておいて、あとで責任逃れをする」(30歳/医療・福祉/専門職)
・「言った言わないの論争ばかりで、解決しようとしない上司。早急に原因解明と対処すべきなのにって思った」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)
・「『(私)に怒られたから謝りにきましたー』と他部署に謝りに行った。常に自分は悪くない、他人がすべて悪いと言う考え」(30歳/食品・飲料/事務系専門職)

人間誰もが自分が大事ですよね。しかし、あからさまに自己保身ばかりするのはナンセンス。むしろ、助けてあげたくなる人を演じて、楽している女性もいますよね。彼女は本来できる女性なことまちがいなし。

いま、給料発生してますけど?

・「勤務中に美容院に行った。そして結果的に仕事が終わらずに残業するはめに」(24歳/通信/クリエイティブ職)
・「後輩が始業後に朝ごはんを食べている」(33歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)
・「こちらが忙しいのに、隣でキャッキャと仕事に関係ない話で盛り上がっていること。『手伝いましょうか』のひと言もなく雑談している。」(32歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)
・「遅刻してくる」(25歳/建設・土木/技術職)

業種にもよると思ってしまいますが、いかがでしょうか? 遅刻も許されている文化があれば必然的にOKとされていますよね。文化もなくオリジナルでやりはじめる新人がいたら無責任以外の何者でもありません……。

何が何でも残業したくない人たち

・「残業せずに仕事をほおりだして帰ろうとする後輩。その日に仕上げないといけないものなのに」(33歳/アパレル・繊維/事務系専門職)
・「仕事が暇な日があり、『やることないんで帰ります』と言って早退した後輩」(31歳/金融・証券/事務系専門職)
・「上司に怒られて、仕事の途中で帰った後輩」(29歳/自動車関連/技術職)

きっと昭和の方々に聞かせたら、開いた口がふさがらない状態でしょう。やることがないなら、帰りたくなるのは理解できる気がしませんか? 限られた時間を有効的に使いたいですよね。平日の昼間にしかできないこともある!

まとめ

わりと一般的な「無責任」の範囲内だったのではないかと思います。自分に害のない「無責任」は許容できてしまうのも、「無責任」ですよ……ね? ボスには中々提言できませんが、自分のアシスタントについては改善策はあると思います。歴史の中にみる革命家達の先導力、もとい扇動力は生まれ持ったタレントの部分が大きいと思わざるをえません。従うほうが平和で楽と思うのが一般的。

(大場 杏)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数197件(22歳~34歳の社会人女性)

お役立ち情報[PR]