お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

確実に落ちる! 女子の「恋の急所」5選「私はコレをされたら弱い……」

藤井蒼/OFFICE-SANGA

昔からあこがれていた告白のシチュエーションや、うっとりするような甘いセリフ……。こんな女子の夢を実現してくれる男性と出会えたら、確実に惚れてしまう! そこで今回は、思わず恋に落ちてしまう、告白をOKしてしまうような男性の言動を働く女性に聞いてみました!

優しさに弱いの……

・「いつも頑張ってて大変じゃない? 何かあったら助けになるよ」(29歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「弱ってる時に『いつでも連絡していいから』など優しくされる」(29歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「私の思っていることを悟られたとき」(27歳/医療・福祉/専門職)

・「もう強がらなくて良いと言われたら必ず落ちると思う」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「支える、守るなどの包容力を出されると、つい寄りかかりたくなってしまう」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「落ち込んでいるときとかつらいときに、優しく親身になって話を聞いてくれると、よっぽど対象外じゃない限り、ほろっときちゃうかも」(33歳/電機/技術職)

・「あまり自分を気にしていなさそうな人が、『大丈夫?』と心配してくれた時」(28歳/金融・証券/専門職)

女性も社会に出て活躍する時代、男性に負けないように気を張っていることも多いですよね。そんなときに優しくされたら、もうメロメロ! さらに日ごろの頑張りを認めてくれるセリフが飛び出したら、うれしくて涙が出てしまいそう。

ドラマのようなシチュエーション

・「膝をつけてバラの花束をもって『結婚を前提に付き合ってください』って言われたらいちころ」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「自分の好みを把握して、サプライズをしてくれること」(33歳/人材派遣・人材教育/事務系専門職)

ちょっとキザだけど、プロポーズのときにカッコつけてくれるのはステキですよね。サプライズも女子の大好物。ただし、あくまでも相手に少しでも好意があるときのみ。圏外男子にやられてもうれしくないのです。

押して押して押しまくる!

・「強引な人が好きです。ずっと変わらずに愛情表現されると落ちます」(33歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「すごく真剣に何度も告白されたら、食事くらいは行ってしまうかも」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「頭ポンポン、手をつなぐじゃなくて、手首をつかまれて、いこう! って手をとってくれるしぐさ」(33歳/アパレル・繊維/営業職)

「押し」に弱い女性も多いですよね。最初は断ったとしても、何度も告白してくれたら、その情熱にホロッとしてしまいそう。ちょっとくらい強引な方が頼りがいがあっていいかもしれません。

紳士的な振る舞いにドキッ☆

・「道を渡ろうとしたら車が来て、後輩男子に『危ない』と肩を抱かれた。うっかり好きになってしまいそうだった」(32歳/電機/事務系専門職)

・「すごくレディーファーストでいつも完璧にもてなしてくれる」(29歳/金融・証券/営業職)

いつも私のことを大切にしてくれる……。そんな姿勢を感じられたら、好きにならずにはいられない!? シャイな日本人男子にも、レディーファーストの精神が根付いてくれればいいのにー!

理想的な告白はコレだ!

・「呼び出されてしっかりと告白される。最近はメールだったりあいまいなのが多いので」(33歳/その他/クリエイティブ職)

・「まっすぐ目を見ての告白」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「壁ドンしながら、俺だけを見てほしい、というもの」(28歳/生保・損保/営業職)

・「絶対幸せにすると言ってくれたら、グラっとする」(33歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「好意がある男性限定だけど、壁ドンされてちょっと強引に告白されたらOKしてしまう」(27歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

メールやLINEでの告白では、本気度が伝わらないですよね。やっぱり、顔を合わせて「好き」といってほしい。目を見ながら真剣に気持ちを伝えてくれたら、愛されているって実感することができます。

まとめ

どれもこれも、読んでるだけでキュンキュンしちゃう! こんなシチュエーションに恵まれたら、相手のことを急に意識してしまうかも。恋の急所をピンポイントで刺激してくれる男性に早く出会えますように……。

(藤井蒼/OFFICE-SANGA)

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数222件(22~34歳の働く女性)
※画像は本文と関係ありません

お役立ち情報[PR]