お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

流行言葉の使いすぎはNG! 周囲に嫌われる女性の話し方・3つ

ファナティック

誰にでも裏表なく接する女性はいますよね。フランクな話し方には親しみが持てますし、つい誰にでも同じような言葉遣いをすることはないでしょうか。でもその話し方、実は同性からは「子どもっぽい」と思われているかも。女性に具体例を聞きました。

自分のことを下の名前で呼ぶ

・「自分のことを名前で呼んじゃう、懐かしいタイプのぶりっ子をしているとき」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「自分のことを下の名前で呼ぶ女性。幼稚園の子じゃないんだから、ちゃんと『私』と呼ぶべき」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「名前で言う。えりは~、みたいな」(31歳/機械・精密機器/事務系専門職)

『自分の下の名前+ちゃん』などのケースもありますね。かわいらしく思えるかもしれませんが、まだ小さいうちに矯正された人もいる呼び方でしょう。女性の一人称は『私』が一般的ですので、少なくとも仕事関係の場では封印したほうがいいですね。

甘えたように語尾を伸ばす

・「語尾を伸ばす言い方はよくない」(25歳/食品・飲料/技術職)

・「~でぇ、~だしぃと語尾を伸ばす」(33歳/その他/クリエイティブ職)

・「えっとー、とかなんとかでぇーとか、語尾が伸びる」(25歳/建設・土木/事務系専門職)

語尾を伸ばすと、舌足らずでゆったりした印象になりますね。しかし甘えている、トロい、と思われがちな口ぐせでもあります。また、ちょっと小バカにしているような感じもしますので、聞いていてついイラッとする女性がいるかもしれませんね。

流行りの言葉を使いすぎる

・「若者言葉を多用する」(24歳/その他/事務系専門職)

・「若作りしてる汚い言葉遣い」(32歳/その他/その他)

・「略語を使う」(32歳/その他/その他)

若者言葉、略語、死語、ネットスラングなど、わからない人には通じない言葉を使ってしまうときはありますよね。いずれの言葉も一般的なものと比較すると、下品になる傾向があるようです。わからない・汚い言葉は使わないほうがいいでしょうね。

話し方もファッションのようなもので、TPOに合わせて適したスタイルが求められます。ですから同性に対しても、相手に合わせた言い方を考えることが大切なようですね。人によって態度を変えていかないと、逆にマズいかもしれませんよ。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数147件(22~33歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]