お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド 生活

痴漢を無くしたい! 被害に悩むJKが立ち上がった「Stop 痴漢バッジ プロジェクト」

考案当初のバッジと現在の缶バッジ

クラウドワークスとサーチフィールドは、11月11日より、痴漢行為を抑止する缶バッチ製作を行う「Stop 痴漢バッジ プロジェクト」の支援を開始した。

美しくて緻密な大人の「塗り絵」で疲れたココロをリフレッシュ

プロジェクト発足のきっかけは、通学電車内で痴漢被害にあっていた女子高生が、痴漢抑止バッジを考案し着用したところ、毎日のように受けていた被害が無くなったという。「Stop 痴漢バッジ プロジェクト」は、このバッジを社会に普及させることを目的としている。

クラウドワークスでは、この缶バッジのデザインを、11月4日よりクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」で開始した「Stop痴漢バッジデザイン」コンテストで公募している。同日より、サーチフィールドが運営するクラウドファンディング「FAAVO東京23区」ではプロジェクトの支援者を募っており、支援者はデザインコンテストで投票することができる。

缶バッジに採用するデザインは、支援者投票と考案者の女子高校生を含むプロジェクトメンバーにより決定され、2016年3月より支援者へのバッジ配布を開始し、4月に電車通学・通勤を始める女性たちにバッジを提供していく予定だ。

(フォルサ)

お役立ち情報[PR]