お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 メイク

一重さん必見! パッチリ“デカ目”をつくる「アイメイク術」3つ

ファナティック

一重は、二重に比べるととどうしても目元のパッチリ感が足りない印象になりがち。でも、できるなら二重にも負けないような目力がほしいですよね。そこで今回は、女性のみなさんに「一重でもデカ目に見せるアイメイクのコツ」について教えてもらいました。

<一重でもデカ目をつくるアイメイク術って?>

■アイシャドウで立体感を出す

・「アイシャドウでグラデーションを作り、立体的に見せるようにする」(32歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「腫れぼったくならないよう、スッキリした色のアイシャドウを使う」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「グラデーションをしっかりつくって凹凸があるように見せる」(33歳/不動産/その他)

一重だとどうしても腫れぼったい感じに見えてしまいますが、アイシャドウをうまく使えば立体感を出すことだって可能。濃い色から薄い色に自然なグラデーションが出るようにアイシャドウを塗れば奥行きを感じさせてくれて、小さな目もデカ目に見えること間違いなし。膨張しない色を選ぶのもコツですね。

■アイラインを濃く長く!

・「アイラインを引いて、目のキワをひとまわり大きく見せる」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「アイラインを長めに引くこと」(33歳/建設・土木/技術職)

・「アイラインを濃く引く」(25歳/不動産/事務系専門職)

・「アイラインを内側に入れるようにすることや目尻にキリッといれる」(29歳/医療・福祉/専門職)

目の縦幅も横幅も広く見せたい! というときは、大きく目の形を描いてしまうくらいのつもりでラインを引くことが大事みたい。目の枠を大きく描くことでパッチリ目に仕上げられるアイラインは、“パッチリ”アイメイクには欠かせないものですよね。黒目の上を少し太めのラインにして、目尻ははみ出し気味に描くといいみたいですよ。

■まつ毛をしっかりと上げる

・「つけまつ毛でボリュームを出す」(28歳/印刷・紙パルプ/秘書・アシスタント職)

・「まつ毛をしっかりあげる」(24歳/金融・証券/専門職)

まつ毛をしっかりと上げることでデカ目に仕上げるというテクも。ビューラーでまつ毛を持ち上げたらマスカラでキープ。まつ毛が上に向かって広がればお人形さんのようなパッチリとした目に見えるはず。つけまつ毛を有効活用している人も。

<まとめ>

悩みは尽きない一重のアイメイク。でも、悩みを克服するためのメイク術はいろいろとあるようです。「一重だから仕方がない」と諦めていたとしても、パッチリ目をつくるメイク術を知っておけば、毎日のメイクがもっと楽しくなりそうですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数173件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]