お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

外国人の彼氏ってどう? 日本人女性の率直な意見とは なんと○人に1人は経験済み!

ファナティック

近年は日本に住む外国人も増えてきており、国際恋愛も珍しいことではなくなりつつあります。自分の知らない新しい世界を見ることができる国際恋愛ですが、一方ではさまざまな弊害が出ることも。国際恋愛について、率直な意見を社会人の女性に聞いてみました。

Q.国際恋愛をしてみたいですか?

はい……22.5%

いいえ……71.9%

経験済み……5.6%

2割以上の女性が、国際恋愛をしてみたいと思っているようです。経験済みの女性は20人に1人以上の割合でいるようです。それぞれの理由を見てみましょう。

国際恋愛をしてみたい

・「まったく違う文化と触れられそうで楽しそう」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「恋愛だけなら、英語も教えてもらえるし、機会と出会いがあればしてみたい」(27歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・「好きになったら国籍関係なし!」(32歳/不動産/秘書・アシスタント職)

国際恋愛は究極の異文化交流かも。文化の違いを知ることができたり、今まで当たり前だと思っていたことをまったくちがう角度から見ることができたり、たくさんの刺激がありそうですね。英語が話せるようになるというメリットを挙げる人も多くいました。

国際恋愛はしたくない

・「文化の違いを乗り越えるのは大変そう。言葉がうまく通じないのは一緒にいてかなり苦痛だと思う」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「宗教や生活観などの違いが負担になりそう」(28歳/不動産/事務系専門職)

・「親に反対されそうだから」(30歳/商社・卸/事務系専門職)

国際恋愛をしたい派が、さまざまな「違い」を刺激や新たな世界と捉えるのに対して、国際恋愛をしたくない派は、違いを障害と考えるようです。文化や宗教、言語の違いから、今までと同じような生活は送れない可能性もあるでしょう。

すでに経験済み

・「周りからも、日本人よりも合うと言われていて、実際に、そうだったから」(32歳/学校・教育関連/技術職)

・「やっぱり難しい」(33歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「たまたまお付き合いしたことがあった」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

最後の一個を残したり、やたら自分のことを謙遜したり、日本独特の文化や考え方に違和感を覚える人はもしかしたら外国人の方が相性がいいかもしれません。人間、必ずしも生まれ育った土地との相性がいいとは限らないのです。

まとめ

国際交流が進む中、今後はさらに外国人との出会いも増えてくる可能性があります。そのときに今まで出会った日本人以上に相互理解を深められると感じたら、あれこれ考えずに交際してみるのもいいでしょう。国籍や人種にとらわれなければ、いい恋愛をするチャンスは何倍にも増えます。日本人でも外国人でも、自分が輝けるパートナーを探したいものですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません
※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数160件(22歳~34歳の働く女性)

※この記事は2015年10月29日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE