お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

モテる女性はやっている! 「惚れた男に惚れさせる方法」3選

ファナティック

好きな男性ができたら自分を好きになってもらえるようにいろいろな努力をしますよね? 相手に好意を持ってもらえていると確信できたら自分から告白もしやすいし、うまくいけば相手から告白してもらえることも。というわけで、今回は女性たちが実践している「惚れた男に惚れさせる」究極の技を伝授してもらいました。

■惚れた男に惚れさせる方法

1.こまめに連絡して距離を縮める

・「少しでも接触する。単純接触の原理を使って、好印象を持ってもらえるので」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「飲み会なので隣の席をキープする。相談事をする。ボディタッチや耳打ちなど距離を縮める」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「いっぱい連絡します。そして自分のことを知ってもらって印象強くさせます」(27歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

惚れた男に惚れさせるためにはまず自分を印象付けることが大事。そのためには、メールなどでこまめに連絡を取る、会う機会を増やすなど距離を少しずつ縮めていくのが第一の方法。話す機会が増えればそれだけ自分のことを知ってもらえるし、相手の好みなどもわかるのでそれに合わせていくこともできますよね。

2.相手のことをほめる

・「ほめてほめてほめる。やさしいーカッコイイー素敵ー!」(33歳/運輸・倉庫/秘書・アシスタント職)

・「とにかく男性をほめる。好感を持ってもらえるし、話しかけてもらいやすくなると思う」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「好意があることを第三者からも伝えてアピール」(27歳/生保・損保/営業職)

人からほめられると誰だっていい気分になるもの。好きな人ができたらとにかくその人のことをほめまくるというのも好意を持ってもらうためのポイントです。直接、本人に言うのが恥ずかしいという人は彼の友だちなど第三者を経由するというのもひとつの手。自分のことをほめている女性がいたと聞いて気にならない男性はいないはずですよね。

3.一緒にいて居心地のいい雰囲気を作る

・「いつも穏やかで家庭的な雰囲気を出す。一緒にいてもニコニコして、さりげなく体調に気を配ったり、気配りをしたりする」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「彼の友人から攻めていく。取りあえずいい子と思われるようにアピール」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「相手の好みをリサーチして、それに合うように自分を演出する」(27歳/金融・証券/販売職・サービス系)

一緒にいると楽しい、居心地がいいと感じる人なら自然と距離も縮まるものですよね。彼と一緒にいるときには笑顔を絶やさず、彼に対する気配りを忘れないなど「ホッとできる女性」を演出するのも大切。そばにいてくれるだけで穏やかな気分になれるような存在でいることが、彼に惚れさせるための大事なアピールのようです。

■まとめ

好きな男性に好きになってもらえるというのが本当の意味でのモテる女性。女性たちは、モテるためにいろいろなテクを駆使しているようです。自分から積極的にアプローチするのが恥ずかしいなんて言っていたら好きだという気持ちも伝わらないはず。告白する勇気が出なくても、好意を持っているというアピールをすることは大事ですよね。彼と会う機会をできるだけ作って、会ったときにはずっと笑顔でいることを心掛ける。「何となく気になる」という存在になることが、惚れさせるための第一歩かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数183件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]