お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

あり得ない裏切り行為! 彼の浮気が発覚したら、「彼」or「相手の女」どちらを責める?

ファナティック

古くから、男女間のやっかいなトラブルといえば「浮気」ですよね。信じていた彼氏に浮気をされたら……やっぱりショック! どうしようもない気持ちになります。
そんな気持ちをぶつけるとしたら、相手は「彼」? それとも「相手の女性」? アラサー女性たちの繊細な本音を聞いてみました。

Q.もし、彼の浮気が発覚したら、どちらを責めると思いますか?

 「彼」……59.2%
 「相手の女性」……4.0%
 「わからない」……36.8%

「彼」を選んだ女性が6割近くである一方、「相手の女性」を選んだ方は、わずか4.0%という結果になりました。それぞれを選んだ理由も教えていただきました。

<「彼を責める」派の意見>

■自分の知らない女性は責められない

・「相手の女性には会いたくないから」(31歳/学校・教育関連/専門職)
・「面識のない女だったら責められない」(30歳/商社・卸/事務系専門職)

浮気された腹立たしさを、誰かにぶつけなければ気が済まない! そんなときに目の前にいるのは……やはり身近な「彼」ですよね。彼女の怒りを受け止めるのも、浮気をした彼の仕事だと言えます。

■完全な裏切り

・「彼氏のだらしなさにビンタしたい」(25歳/小売店/技術職)
・「もしかしたら、彼側がフリーと偽って、相手側の女性は何も知らない可能性もあるから」(27歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)
・「私の存在を軽視している行為だから。相手の女性はたまたま彼女がいる人を好きになっただけで罪はないから」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

冷静に考えれば、自分を裏切ったのは彼のみです。キツイお仕置きを考える女性も少なくないよう! もしも彼が浮気相手にも嘘をついているとしたら……浮気相手もまた、被害者だと言えるのかもしれませんね。

<「相手の女性を責める」派の意見>

■同性だから許せない

・「どちらも責めるが、同性だから、よりムカつくと思う」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)
・「腹たつから」(31歳/学校・教育関連/技術職)
・「浮気していることをわかって付き合っているのは、やっぱり罪深いと思うから」(32歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

ごく少数ながら、「相手の女性」を責めるという意見もありました。同性だからこそ、腹立たしさも募ります! もしも相手が浮気の事実を知っていたら……彼と同罪です。

<「わからない」派の意見>

■混乱のひと言!

・「ショックで責める気分にならなそう」(32歳/不動産/事務系専門職)
・「浮気は辛いけど、自分にも非があるかもしれない。相手を責めずに、自分を責める気がする」(31歳/ソフトウェア/事務系専門職)
・「両方。片方だけでは成り立たないから」(32歳/学校・教育関連/技術職)

ありえない事態に、ただただ混乱してしまう! こんな意見も目立ちました。混乱した上で、ただ落ち込むのか、自分を責めてしまうのか、それとも両方を責めるのか……。自分がどのタイプなのか、できれば一生知りたくありません。

まとめ:ほとんどの女性は、まず「彼」を責める!

多くの女性が、「自分の彼を責める」ということがわかりました。信じていた気持ちが強ければ強いほど、怒りのパワーも強くなるもの。男性陣には女心をよく理解した上で、彼女との誠実な関係を楽しんでほしいものです。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数223件(22歳~34歳の働く女性)

※この記事は2015年10月25日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE