お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「彼氏に甘える」or「彼氏に甘えられる」女子が好きなのは……

ファナティック

甘えたい?彼の前では自分の弱いところを全部見せて思い切り甘えたい? それとも彼に甘えられて優しく包み込んであげたい? 一般的に女性が男性に甘えるというカップルの方が多いと思いますが、本音ではどう思っているのでしょうか。今回は「彼氏に甘える」のと「彼氏に甘えられる」のでは、どちらが好きか女性たちに聞いてみました。

Q.どっちが好きですか?

「彼氏に甘える」70.9%

「彼氏に甘えられる」29.1%

女性たちの多くは「彼氏に甘える」方が好きなようですね。では、それぞれの回答ごとにそう思う理由についても聞いてみましょう。

彼にだけは甘えん坊でいたい

・「いつもしっかりしてなきゃと思うと疲れるので、好きな人くらいには甘えたい」(31歳/その他/その他)

・「疲れたときには弱音を吐ける存在が欲しいから」(26歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

・「ほかでは我慢しているから特別扱いされたい」(28歳/生保・損保/事務系専門職)

働いている女性は外では強くいなければと気が張っているもの。疲れたときや弱っているときには思いっきり甘えてみたくなるものですが、それができるのは彼氏だけ。ほかで我慢して意地を張っている分、彼の前では遠慮なく甘えん坊な自分を見せてヨシヨシとかわいがってもらいたいと思うみたいですね。

男性には頼れる存在でいてもらいたい

・「頼れる感じがするから」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「男性はキリッとしていて頼りになる人のほうがタイプだから」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「女性の特権だから」(31歳/金融・証券/専門職)

自分が甘えられるように男性にはいつも頼れる存在でいてもらいたいという女性もいるようですね。彼氏に甘えるのは彼女の特権。頼りがいのない彼氏だと自分が弱みを見せたいときにも受け止めてくれなさそうでイヤ。男ならキリッとたくましく「彼女のことは自分が守る」くらいの気持ちを持っていてほしいものですね。

では、彼に甘えられる方がいいという女性にも理由を聞いてみましょう。

母性本能をくすぐられる

・「お母さん的な気持ち。子どもがいないので、お母さん的な雰囲気を味わえてよい」(33歳/金融・証券/専門職)

・「自分だけしかしらない彼の顔を知っているとうれしい」(27歳/医療・福祉/専門職)

・「甘えるのが苦手なので甘えてきてほしいです」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

自分が素直に甘えられるタイプではないので、彼に甘えてもらったほうが気楽。素直に甘えてくれる彼を見ているとお母さんのような気持ちになれるという母性の強い女性もいるみたいです。自分の前でだけ彼が甘えた姿を見せてくれると心を許してくれているんだといううれしさもあるのでしょうね。

男性に頼りがいや男らしさを求める女性たちは、やはり自分が彼に甘える方が好きなようです。特に、働く女性は仕事で弱音を吐くとすぐに「女だから」というような差別をされたりするので職場では気を張ることばかり。せめて、大好きな人の前では思いっきり弱音を吐いて愚痴を言って甘えてみたくなりますよね。男性に甘えられたいという女性が「自分だけしか知らない顔を知っている」ことがうれしいように、男性も自分の前でだけ弱みを見せてくれる彼女を見ているといとおしく思ってくれるはずですよ。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数151件(22歳~34歳の働く女性)

※この記事は2015年10月23日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE