お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

“婚活”を成功させるなら、「気合を入れて挑む」が吉? その理由とは

ファナティック

婚活の際の気の持ちようは?

「婚活」というと、積極的に出会いの場を求めてグイグイ行くようなイメージがありますよね。でもすぐにすてきな男性が現れるとは限らないので、気合を入れすぎると疲れることもありそうです。今回はそんな婚活について「気合を入れて挑む」のと「気楽に取り組む」では、どちらの方がうまくいきそうか女性の皆さんに聞いてみました。

Q.「気合を入れて挑む」か「気楽に取り組む」、婚活をするにあたって、どちらの姿勢がうまくいきそうだと思いますか?

「気合を入れて挑む」20.7%
「気楽に取り組む」79.3%

「気合を入れて挑む」と回答した人は2割ほどで、多くの女性が「気楽に取り組む」と回答しました。どうしてそう思うのか、それぞれを選んだ理由を聞いてみましょう。

<「気合を入れて挑む」派の意見>

■気楽に取り組むとずるずるいきそう

・「真剣さがないと遊びで終わってしまう」(31歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「気楽に取り組むとずるずるいきそうだから」(33歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

「気合を入れて挑む」と回答した人からは「気楽だと遊びで終わってしまう」や「ずるずるいきそう」という意見が多くありました。婚活はある意味戦いの場でもあります。気合を入れないと出会いのチャンスも逃してしまいそうですよね。

■しっかりやったら成果が出た!

・「就職活動並みにしんどいので気楽にだとちっとも成果が上がらないと思うので」(33歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「期限があって有料だったので、待っているだけではなくしっかりやろうと思った。実際、全部偶然が重なって、理想の彼に出会えた」(32歳/学校・教育関連/技術職)

ほかには「就職活動並みにしんどい」や「しっかりやったら理想の彼に出会えた」という人もいました。就職活動も会社とのお見合いの連続ですよね。「しっかりやったら理想の彼に出会えた」なんて、ますます気合が入ってしまいます!

<「気楽に取り組む」派の意見>

■ギラギラ感が怖がられそう

・「気合を入れすぎると、ギラギラ感が表に出てよくないと思う」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「あまり気合が入りすぎるのも相手に必死さが伝わって怖がられそう」(31歳/学校・教育関連/クリエイティブ職)

「気楽に取り組む」と回答した人で多かったのは「ギラギラ感が表に出てよくない」や「必死さが伝わって怖がられそう」という意見でした。気合を入れすぎると切羽詰まった感じが出て、男性は引いてしまうかもしれませんね。

■気合じゃどうにもならない

・「出会いを楽しむくらいの気持ちでいた方が、自然におしゃべりもできるしいいと思う。こればっかりは縁だと思うので、気合じゃどうにもならない」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「いい人がいるかどうかもわからず、うまくいくかもわからないから、ひとまず行ってみると思うくらいの方がよい気がする」(27歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

「縁だから気合じゃどうにもならない」や「ひとまず行ってみるくらいの方がよい」という声もありました。すてきな男性との出会いを求めすぎて「挑む」より、自然な出会いを増やすためにも「楽しむ」という気持ちが大事なのかもしれません。

婚活について「気合を入れて挑む」派の人からは「気楽にやるとずるずるいきそう」という意見があり、「気楽に取り組む」派の人からは「気合を入れすぎると怖がられそう」という意見がありました。最初は気楽に出会いを楽しみ、ここぞというときに気合を入れてしっかり逃さないのが、婚活を成功させるポイントの一つかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数169件(22歳~34歳の働く女性)

※この記事は2015年10月23日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE