お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

料理ベタな彼女は、ぶっちゃけ結婚圏外? 料理ベタ彼女に彼氏が思うこと

ファナティック

料理ベタ彼女に彼氏が思うこと大好きな彼女から手料理を振る舞われると、男性なら誰でも喜んでしまうものです。特に初めて料理を作ってくれるときは、テンションが上がってしまう男性は多いのではないでしょうか。結婚を視野にいれている相手なら、なおさらでしょう。しかし! 作ってくれた料理があまりおいしくなかった場合、男性の心はどのように変化するのでしょう。男性の本音をこっそり聞いてみました。

Q.好きな女性が料理が下手だった場合、正直結婚相手として見られなくなりますか?

なる……37.5%
ならない……62.5%

いくら結婚を考えていても、料理がまずいと少し考えてしまうといった男性が多いようです。その胸中はいかなるものだったのでしょう。

<なる>

■おいしいほうがいい

・「料理はおいしいほうがいい」(30歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「おいしい物を食べるのが好きだから」(26歳/農林・水産/技術職)

・「結婚相手が料理できないと、帰ってくる楽しみがなくなる」(28歳/情報・IT/技術職)

どうせ作ってくれるのなら、おいしいほうがいいに決まっている! というもっともな意見です。仕事で疲れて帰宅した際には、妻のおいしい手作り料理に憧れますよね。

■大事な条件

・「結婚には料理が大事だから」(33歳/電機/技術職)

・「男にとって愛妻料理は結婚する大事なものの一つだから」(31歳/食品・飲料/技術職)

・「料理は最低条件だから」(32歳/食品・飲料/技術職)

料理は毎日の生活のことだから、おいしくないのは大きな問題と捉える男性も少なくありませんでした。男性をおとすなら胃袋からと聞きますが、本当のことのようですね。

<ならない>

■自分が作る

・「自分が料理をがんばればいいかなと思う」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「自分が料理を担当すれば、問題ないから」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「自分が料理できるから。やる気がないのは困るけど、やる気があればできるようになると思う」(29歳/食品・飲料/営業職)

最近は自分で料理をする男性も多くなっているためか、女性の料理の上手・下手は、あまり結婚の条件としてみないといった方も多いようでした。彼女が下手なら自分が作ればいいといった、優しい男性が増えているみたいですね。

■練習すればいい

・「練習すれば少なくとも普通に近づけるので」(33歳/機械・精密機器/営業職)

・「料理は練習すれば上達するので、少々下手でも問題ありません」(31歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「料理できた方がいいけど、別にこれからがんばればいいやと思う」(25歳/電力・ガス・石油/技術職)

今は下手でも、これから付きあっていくうちに上達すればいいと希望を持たれている男性も少なくないようです。彼のために、がんばって苦手な料理を克服していきたいものです。

結婚まで考えた相手の場合、できれば料理が上手なほうがいいと考えている男性のほうが多いことがわかりました。料理は苦手な女性もいらっしゃると思いますが、毎日繰り返すことで、ある程度のレベルには達せます! 彼の胃袋をつかむよう料理の練習はしっかりしましょう!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年9月にWebアンケート。有効回答数104件。22歳~34歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]