お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

どうしてこの人を選んだの!? 友だちの旦那にドン引きした瞬間4選

船橋麻貴

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

結婚適齢期に近づくにつれて、学生時代の親友や会社の同期など、周囲の友だちが次々と結婚していきますよね。しかしながら、いざその旦那さんに会ってみると「なんでこの人を選んだんだろう……」なんて思うこともあるかも? そんな友だちの旦那さんにドン引きしたエピソードを、働く女子たちに聞きました。

オチのない話をする

「友だちの旦那さんはとにかく話が長い。その上、オチもなく自分の話だけでおもしろくない。 友だちはこの旦那と何十年も連れ添うなんて……、と思った」(33歳/IT)

結婚相手に何を求めているかは人それぞれ。その友だちは旦那さんにおもしろさを求めてないのかもしれませんね。

友だちに思いやりのない言動をする

「ストレスで休職中の友だちの家にお見舞いがてら遊びに行ったら、その旦那さんが『貯金もなくなるから早く仕事に復帰してほしいんだけどね』と言っていた。そんなこと言うなんて旦那としても、人間としても失格だ!」(28歳/金融)

冗談だとしても、言われた本人は気にしてしまいそう。こんな思いやりのない人に大切な友だちを任せたくありません!

主催パーティで自己中を炸裂

「新婚ほやほやの夫婦にホームパーティに招待されて、旦那さんと初対面。しかし、その旦那さんは、料理の配膳は手伝わないし、隣の人のドリンクが空になっても気にしないし。挙句の果てにパーティそっちのけでテレビを見はじめる始末。自分勝手であきれてしまいました」(34歳/広告)

家に呼んだからといって、ホストするつもりはないのかも? 「普段もこんな風になんでもやらされているのか……」と友だちの新婚生活が少し心配になってしまいます。

お祝いの席でケチる

「私の結婚祝いということで、友だち夫婦と一緒に食事をすることに。お酒もごはんもおいしくて会話も弾んだんですけど、お会計のときに『僕たちは、○○ちゃん夫婦よりもお酒を飲んでないから』と、割り勘よりも少ない金額を渡されました」(29歳/出版)

たとえ自分たちのほうが飲んでいたとしてもせっかくのお祝いの場。ケチケチされると、がっかりしてしまいますよね。

友だちの旦那さんとはいえ、常識はずれの言動には失望してしまうもの。恋は盲目と言いますが、仲がいいからこそ友だちにはダメな男にハマってほしくないと心底思いますよね。あなたは友だちの旦那さんに会ってがっかりしたことはありますか?

※画像は本文と関係ありません

(船橋麻貴+プレスラボ)

船橋麻貴

大事な撮影時に、必ず天気が崩れる雨女。「ゴロゴロしながらテレビを見て、屁をこいて生きていく」がモットー。好きなものは、旅と肉。

この著者の記事一覧 

SHARE