お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

男性が、恋人に対して「もうこの人とは限界だ!」と感じるとき10

渡辺理絵

大好きな恋人には、つい甘えたりワガママを言いたくなったりしますよね。気持ちをわかってほしくて、ついやりすぎてしまう……なんて女子、少なくないもの。しかし、あまりやり過ぎると彼氏から「付き合いきれない!」なんて言われてしまうかも! そこで今回は、社会人男性に「恋人に対して『もうこの人とは限界だ!』と感じるとき」についてアンケートを実施。愛があっても乗り越えられない“恋愛の壁”について、調査してみました。

●第1位/「ケンカが絶えないとき」……35.5%
○第2位/「お金に対する価値観がちがうとき」……32.7%
●第3位/「浮気されたとき」……31.8%
○第4位/「束縛が酷過ぎるとき」……18.2%
●第4位/「DVやモラハラの兆候を感じたとき」……18.2%
○第6位/「デートのドタキャンが数回続いたとき」……12.7%
●第6位/「元恋人と今も会っていると発覚したとき」……12.7%
○第8位/「SNSでほかの異性とひんぱんにやり取りしているとき」……10.9%
●第8位/「『結婚する気はない』と言われたとき」……10.9%
○第8位/「ほかの異性をほめ、自分をけなすことが増えたとき」……10.9%
※複数回答式・第11位以下は略。

第1位は35.5%で「ケンカが絶えないとき」でした! ケンカを繰り返すくらいなら、別れたほうがいいと感じる男性はかなり多いよう。どんなに気持ちをわかってほしくても、ガミガミ言うのは禁物。また、すねてだんまりしてしまうのもやめておいたほうがベター。

第2位は32.7%で「お金に対する価値観がちがうとき」。価値観のちがいは、恋愛に大きな影を落とすもの。中でもお金に関することは、かなり重要みたい。社会人の恋愛は、結婚を意識することも多いので、一生を左右しかねない“お金問題”には、シビアになるのかも。

第3位は31.8%で「浮気されたとき」がランクイン。3人に1人ほどは、浮気は絶対NGだそう。「彼に嫉妬してほしくて、ほかの男性と仲よくする」なんて女子もいますがやり過ぎは危険! 些細なことでも浮気判定されたら、彼の愛をすべて失ってしかねません。

“ケンカするほど仲がいい”なんて言葉がありますが、実際はケンカが別れの原因になることが多いと判明。些細なケンカでも、続くとうんざりしてしまものですもんね。人は怒りをぶつけられると、反発する生き物。わかってほしいことがあるときこそ、冷静に伝えたほうが効果的です。彼とケンカしがちなあなたは、ぜひこれを心に刻んで「自分から言い合いをしないように」してみてくださいね。(渡辺理絵)

※画像は本文と関係ありません。

※マイナビウーマン調べ(2015年8月にWebアンケート。有効回答数110件。22歳~39歳の社会人男性)。

渡辺理絵

編集・ライター。ファッションやメイク、恋愛など女性のライフスタイル系をメインに、デジタル系やフード、インタビューまで幅広く活動。小学館や集英社の女性誌や、WEB媒体でのライティングなど精力的に活動中。美大卒の経験を活かし、イラストやプロップ制作もこなす。

この著者の記事一覧 

SHARE