お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

同性がこっそり教えちゃう! 合コンで男友だちが気になる女性にやりがちなアプローチ3つ!

大場杏

出会いの場として、誰しも1度は参加したことがあるであろう合コン。素敵な男性がいようがいまいが楽しい時間を過ごせて、生涯の友人ができる可能性もありますよね。そんな合コンで気になる男性がいた場合、どのような振る舞いだったら脈ありのサインなのでしょうか? 今回は男性に「この女性が好きなんだな」と思う友人のアピール方法について聞いてみました。

ええ~とほかにも人がいますけど?

・「ほかの人には目もくれず、ひたすら話しかけ続けている」(33歳/電機/技術職)
・「隣の席をキープする。話をする機会を増やそうとがんばっているから」(38歳/通信/技術職)
・「その子のグラスや皿を気にする。気が利く男になりたいから」(31歳/食品・飲料/技術職)
・「やたら、べたつく。ほかの人と差があるから」(33歳/運輸・倉庫/営業職)

「いろいろと話をふる姿を見たとき」「近くで話をしている」「お酒をすすめる」などなど、ターゲットが決まったらガンガン攻めていくようですね。合コンという戦場では、すぐ隣にライバルがたくさんいるわけなので、気に入ったら攻めなければ取られてしまうこと必至! 他人の目を気にせずアピール大事!

会話の内容でわかる

・「やたらと褒める。褒めてると言うことは好意があることだと感じる」(37歳/情報・IT/クリエイティブ職)
・「質問攻め」(30歳/農林・水産/技術職)
・「彼氏の有無を確認している。相手に意識させようとしていると思うから」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「露骨に口説く」(32歳/小売店/事務系専門職)

「好きな子にしか話さない」「連絡先を聞こうとする。すぐに、名前で呼びかける。」など、よく見かける光景ですよね。自然と矢印がわかって、まわりにとってもいいのかも! 好きな子にしか話さないのは空気が読めない……もとい人間性を疑われる自己中な行為ですが、その飲み会がどうでもいいほど、夢中ということ? たとえうまくいっても、女性の友人たちの評価はよくないことこの上なし。気をつけて!

2人の世界! 友人だからわかるギアチェンジ

・「ある女性とずっと目が合っていて、すごく楽しそう」(28歳/情報・IT/技術職)
・「やたら笑顔や愛想を振りまく感じで話しかけているとき。邪魔はしないで置く」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)
・「相手のことばかり見ている」(31歳/情報・IT/技術職)
・「露骨な特別扱いがすごい。」(24歳/医療・福祉/専門職)

「明らかに優しい」「体を近づけているのと見たとき」など、男性の連携プレーは見事なもので、ここまで丸わかりだとそっと見守ってあげるようです。いつもとちがう「モード」に入ったのは友人だからこそわかる変化。2人をそっとしておいてあげて、その他を楽しませるフォロー体制も完璧。

女性から見て、明らかにお気に入りとわかる振る舞いは、男性の友人から見ても同じようですね。友人だからこそわかるギアチェンジもあるようですが、男性陣は全員が楽しむよう心がけてるようです。せっかくの出会いの場ならいい人がいなくても、楽しい飲み会にできたらいいですよね。それこそ大人の社交のマナー。


(大場 杏)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答数100件(22歳~39歳の社会人男性)。

大場杏

編集ディレクター・ライター/医療系出版社で本を2冊担当。その後広告代理店にて商業施設や航空会社、外資系メーカーの広告・販促物全般、カタログ冊子、DMそして連動するWEB制作に従事。趣味はスポーツ観戦と海外旅行とライブ。宇宙や恐竜など壮大なものに惹かれ、わくわくします。

この著者の記事一覧 

SHARE