お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

攻めたもん勝ち! 押せばなびく男子⇒約6割 「押されると、好きになる」「断れない」

ファナティック

ふたり恋愛を成就させるには、押して引いてのさじ加減が重要と言われますが、それは相手によって加減を変えてみることが大切です。男性は女性からの「押し」について、どのように感じているのでしょうか。社会人の男性に聞いてみました。

Q.恋愛において、ご自身は「押しに弱い」ほうだと思いますか?

「思う」56.9%
「思わない」43.1%

半数以上の男性が、自分は押しに弱いと感じているようです。それぞれの理由を見てみましょう。

【「思う」と回答した男性の意見】

断れない

・「女性から言い寄られたら、断れない性分だから」(26歳/農林・水産/技術職)

・「恋愛も含め、断ることが申し訳ないと思うから」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

断ることへの罪悪感から、たとえ好きでない女性であっても押されると断ることができないという意見です。付き合っていく中でその女性を好きになれれば結果オーライですが、好きになれなければ付き合いを終わらせるタイミングについて悩むことになります。

好きになりやすい

・「ちょっとでも女性から攻められると、その人を好きになってしまうから」(27歳/情報・IT/技術職)

・「素敵な女性に押されたらイチコロです」(35歳/通信/事務系専門職)

自分を好きだと言ってくれる彼女が好きという意見です。好意を持たれると自分もその人に好意を持ち、一気に恋愛対象になってしまいます。チャンスを逃さないという点ではメリットのある性格なのかも。

【「思わない」と回答した男性の意見】

自分の基準で判断する

・「自分が好きな顔の女じゃないと、何をされても一切なびかないから」(36歳/機械・精密機器/営業職)

・「好き嫌いがはっきりとしているので、嫌いだったらそうはっきりと言うことができるから、押しに弱いとは思わないです」(37歳/金融・証券/営業職)

いくら女性に押されても、あくまでも自分の基準で判断するという意見です。ブレない基準がある男性にとっては女性からの押しはそれほど意味のあるものではありません。本人からの興味がなければ恋が動くことはないでしょう。

押されると引いてしまう

・「あまり強引だと、警戒心ばかりで全力で引いてしまうので」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

押しと引きのさじ加減が大切な理由がここにあります。恋愛において、押しが有効なのはタイミングがぴったりと合ったときのみです。相手が押してくることを望んでいないときに押しまくっても、心を掴むことは難しいでしょう。

男性にもさまざまなタイプがありますが、押しに弱いタイプは女性からするとアタックしやすく感じるでしょう。ですがそれは、どんな女性に対しても同じこと。押して手に入れた恋なら他の女性になびかれないよう、注意が必要です。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年8月にWebアンケート。有効回答件数109件。22歳~39歳の社会人男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE