お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

え、もしやマザコン!? 好きになる女性は母親に似ているor似ていない?⇒「似ている:〇〇%」

ファナティック

よく「娘は父親に似ている人を好きになる」と言われますよね。「自分の父親と似たタイプなんてイヤ」という人もいれば「しっかりしてる父親みたいな人がいい」という人もいるのではないでしょうか。では男性の場合も「母親に似た人を好きになる」のでしょうか? さっそく調査してみました!

Q.どちらかというと、好きになる女性は母親に似ていると思いますか?

 「思う」……13.8%
 「思わない」……86.2%

9割近くの男性が「思わない」と回答しました。ほとんどの男性が「自分の母親」と「好きになる女性」を分けて考えているようです。それぞれを選んだ理由を聞いてみましょう。

<「思う」と回答した人の意見>

■たしかに似てる……
・「顔は似てないけど、性格が似てるから」(32歳/小売店/事務系専門職)
・「たしかに母親と似ている部分があると思うから」(23歳/警備・メンテナンス/営業職)

「思う」と回答した人からは「性格が似てる」「似ている部分がある」という意見がありました。自分では意識していなくても、言われてみたら……という感じでしょうか。

■どうしても母親を重ねてしまう
・「母親を見てきているのが男だと思うので、重ね合わせてみてしまうので」(30歳/機械・精密機器/営業職)
・「母親が好きなので」(33歳/機械・精密機器/技術職)

ほかには「母親を見てきているから重ね合わせてしまう」という声も。生まれて初めて接する異性が母親で、その姿を子どものころから見ているからこそ、意識せざるを得ないのかもしれません。

<「思わない」と回答した人の意見>

■好きになる人は正反対!
・「母親はせっかちで気を使えない人だから、真逆の人を好きになる」(26歳/農林・水産/技術職)
・「母親はおとなしい人だが、好きになるのはどちらかというと気の強いタイプだから」(32歳/通信/技術職)

「思わない」と回答した人の中で多かったのは「真逆の人を好きになる」という意見でした。母親のことを嫌いなワケではないけど、ある意味「反面教師」のように真逆のタイプを選ぶ男性も多いようです。

■母親と恋愛対象はちがう!
・「お母さんと恋愛対象はちがう」(28歳/電力・ガス・石油/技術職)
・「特に共通点がないし、恋人を母親と感じたら終わりだと思う」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

「お母さんと恋愛対象はちがう」や「恋人のことを母親だと感じたら終わりだと思う」という声もありました。女性としてはもちろん彼の「恋人」であって「お母さん」にはなりたくありませんよね。

「自分の父親と似たタイプなんてイヤ」と思う女性と同じく、男性も「自分の母親と似たタイプの女性は選ばない」という人が多い結果となりました。ちょっと安心? 男性はみんなある程度は「マザコン」だと言われていますが、恋人の自分に母親像を重ねられても困ってしまいます。彼がどちらのタイプか気になる人は、さりげなく聞いてみてはいかがでしょうか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年8月にWebアンケート。有効回答数109件。22歳~39歳の社会人男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE