お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「男性が親に紹介する=結婚を考えている」ととらえてよろしいのかしら?

ファナティック

ただ付き合っているだけなら2人だけの問題。でも、結婚となるとお互いの家のことを考えないといけなくなりますよね。そうなると「そろそろ両親に会ってみない?」という流れになるのが自然な気もしますが、両親に紹介されることと結婚をイコールで考えるのって早とちりし過ぎ? 今回は、恋人を両親に紹介することについての男性の気持ちを聞いてみました。

Q.男性が恋人を親に紹介するのは、結婚を考えているときだと思いますか?

「はい」55.4%

「そうとは限らない」44.6%

半数以上の男性が、両親に恋人を紹介するのは男性が結婚を考えているときだと思うと答えています。では、どうしてそう思うのか理由を聞いてみましょう。

男の本気の表れ

・「家族に紹介するときはある程度本気だと思う」(38歳/通信/技術職)

・「それなりの覚悟がないと紹介できないので」(29歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「すぐに別れると、親に何か言われそうなので、ある程度まじめに考えてから紹介するようにしているから」(33歳/電機/技術職)

家族に紹介するにはそれなりの覚悟が必要だから結婚を本気で考えている女性以外を紹介することはないということのようですね。彼女が出来るたびに紹介していたのでは、「また新しい彼女?」と親から嫌みの一つも言われてしまいそう。真面目に結婚を考えられる相手なら簡単に別れることもないので紹介しやすいのでしょうね。

将来的なことを考えていないと会わせない

・「家族ぐるみでつきあうとはそういうもんだと認識しているので」(34歳/情報・IT/技術職)

・「将来的にうまくやっていけそうかも兼ねる」(33歳/機械・精密機器/技術職)

・「将来を考えるレベルでないと、わざわざ紹介するのも面倒だから」(32歳/ソフトウェア/技術職)

家族に会わせる理由の一つとして「結婚してから上手くやっていけそうかどうか」を見たいというのがあるようですね。将来を考えられる相手なら両親と気が合うかというのは大事なこと。そこで、上手くやっていけると判断できる相手なら結婚に踏み切るきっかけになるかもしれませんね。

では、両親に会わせるからといって結婚を考えているわけではないという男性にも理由を聞いてみましょう。

彼女と親の双方を安心させるため

・「何となく安心させるためにもある」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「親が、どんな娘と付き合っているのか心配していることもあるから、その心配をやわらげるためだけに紹介していることもあるから」(28歳/情報・IT/技術職)

・「親が単に興味をもっているだろうから。ちょっと高いレストランにも連れて行ってもらえるし」(36歳/機械・精密機器/営業職)

自分の子どもが付き合っている相手に両親も興味があるだろうし、心配もしているだろうから安心させるために会わせるという男性もいます。彼女に対しても結婚はさておき遊びや軽い気持ちで付き合っているんじゃないということをわかってもらうために両親に会わせておけば安心してもらえるだろうという気持ちもあるみたいですね。

<まとめ>

「両親に会わせる=結婚」という考え方を持っている男性の方が多いということで、彼から両親への挨拶の話が出たら女性としても自分の気持ちをしっかりと固める必要がありそう。ただ、割と気軽に両親に会わせようと思う男性もいなくはないので、そういう話が出たときには彼にはっきりと目的を確認した方が良いかも。結婚する覚悟があって両親に会わせたいのか、それとも軽い挨拶なのか。彼に確かめるのは怖い気もしますが、そこははっきりさせた方が自分のためにもなりますよね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません
※マイナビウーマン調べ(2015年8月にWebアンケート。有効回答数130件。22歳~39歳の社会人男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE