お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

結婚というゴールまで、あと少し!? 男性は彼女と同棲したら結婚するものだと思うの?

Spinof Design(スピノフ デザイン)

今回は男性側の視点から「同棲と結婚の関係性」について考えてみたいと思います。同棲のきっかけは「相手の家からのほうが職場が近いから」「家賃や生活費を節約できるだから」「結婚はまだだけど、一緒に生活したいから」などなどいろいろあると思います。同棲=結婚は暗黙の了解とされているところもありますが、男性のホンネは?

Q.彼女と同棲を開始したらイコール結婚前提だと思う?

 「思う」……63%
 「思わない」……37%

過半数が「同棲イコール結婚」という考えでした。けれど、その理由を聞いてみると必ずしもそうはならないようで……?

<「思う」派の意見>

■適齢期の独身男女が一緒に住むのだから、至極当然!
・「結婚を意識してないのに、一緒に生活しようとは思わないから。」(28歳/小売店/販売職・サービス系)
・「少なくとも自分自身はその意思や準備がないと、踏み切ろうとは思わない。中途半端にあらぬ噂となっても、困るし。」(35歳/金属・鉄鋼・化学/個人事業主)
・「結婚を考えずに同棲をはじめるのはおかしいと思うから、結婚前提だと思う。」(27歳/情報・IT/技術職)

男性側も、結婚の意識や覚悟を持って同棲に踏み切るようです。このご意見の方々はあまり長年一緒に住まずに、スパっと決断しそうですね。身近な例ですが「同棲1年で結婚を決めたけど、結婚式場を予約したら1年後だったので実質2年間の同棲生活になった。」という話もあります。

■結婚のシミュレーションとして
・「結婚を意識するくらいの年齢になれば、自然とそうなる。」(23歳/機械・精密機器/営業職)
・「相手のことを深く知る機会だから。」(32歳/商社・卸/事務系専門職)
・「同棲は結婚が上手くいくかを試す場所で、その気がない人とはしないから。」(29歳/不動産/一般事務)
・「ヒステリー度を確かめる期間であるため。露呈した人たちも多いので(笑)。」(37歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

「結婚を意識しての同棲だけど、あくまでも結婚生活のシミュレーション」というのが特徴的です。つまり、同棲期間中に「合わないな」「結婚には向いていない」と判断されると、同棲と交際が終了する可能性があります。独身時代は「結婚って大変そう」と思いますが、実際に結婚してみると「結婚生活を維持するほうが大変かも」と思うことが多々あります。男性側の気持ちとしては「結婚相手としては合格!あとはお試し期間をクリアすれば…」というところでしょうか。

<「思わない」派の意見>

■あくまでチェック期間
・「同棲をした結果『結婚はないな』と思うことだってたくさんあるから。」(35歳/建設・土木/技術職)
・「互いの適性を計るためだけ、という可能性もあるから。」(22歳/食品・飲料/販売職・サービス系)
・「婚約破棄も考えうると思っているので。」(28歳/医療・福祉)
・「嫌な部分が見つかるかもしれないから。」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

「同棲と結婚はイコールではない!」というご意見も3割ありました。誰だって離婚はしたくないもの。その芽があれば、交際期間中に詰んでおきたいと考えるのも納得です。意地悪な見方をすれば、一緒に暮らしていなければ、デート中だけ相手に合わせて機嫌よく振る舞っていればOK。同棲となると、よりありのままの姿が見えてきますね。

■結婚と同棲は、別!
・「そのままずるずる同棲している人も多いので、そうとは限らない。」(29歳/食品・飲料/営業職)
・「同棲と結婚はちがう。」(34歳/食品・飲料/販売職・サービス系)
・「節約にもなるから。」(24歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)
・「結婚のための同棲ではなく、一緒に居たいから同棲してると思うから。」(37歳/情報・IT/クリエイティブ職)

「同棲反対!」という姿勢でもなさそうですが、「同棲は結婚のお試し期間ではない」という強い意志を感じます。このタイプの男性と同棲する場合は、目的や期間をはっきり決めるとよさそうです。「私は結婚するつもりで同棲したのに…」「目的が節約だけだったなんて!」と後々のトラブルを防ぎ、お互いにメリットのある同棲生活を送ることができます。

今回の調査で印象的だったのは「同棲を開始したらイコール結婚前提だと思う」というご意見の中にも「確認するための期間」というコメントが多く見られたことです。同棲期間中もお互いに相手を思いやり、「この人となら、この先何十年経っても一緒に暮らせる」という実感を持つ、持ってもらうことができればと思います。

(Spinof Design)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答数101件(22歳~39歳の社会人男性)

Spinof Design(スピノフ デザイン)

グラフィックデザインの制作を中心に、ライター業、ライフデザイン講座の開催、アート教室を運営しています。主な専門分野は「女性の転職」「男性視点」「子育てと仕事の両立」です。「自分のカラを破ろう!」をテーマに、乳幼児向けのママさん向けの「パート起業&パート就業講座」をスタート。小学校でのキャリアデザイン出張授業や、商業高校での「とにかく楽しく!作りたいものを一緒に作るIllustrator・Photoshop講座」も好評です。

この著者の記事一覧 

SHARE