お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

もう付き合えない! 彼女への「恋心」が冷めてしまった瞬間4選

ファナティック

出会ったときは永遠だと思っていた気持ちも、どちらかが冷めてしまう瞬間はあります。自分が冷めるならまだしも、相手に愛想をつかされてはたまりません。男性は、一体どんなとき「彼女への恋心」が冷めてしまうのでしょうか。社会人男性のみなさんに、アンケートで聞いてみました。

喫煙者とわかったとき

・「喫煙することがわかった瞬間」(22歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「タバコを吸う女性とわかったとき」(33歳/金融・証券/専門職)

喫煙女子に対してマイナスイメージを持つ男性は少なくないよう。あとになって発覚すると「ガッカリ」という気持ちが強くなるかもしれません。

彼女に浮気をされたとき

・「相手が、自分以外の男に気があると思った瞬間」(28歳/情報・IT/技術職)

・「浮気されたとき。後輩としていることが発覚して一気に冷めた」(31歳/運輸・倉庫/技術職)

・「浮気されたら冷めます」(35歳/通信/事務系専門職)

これは、言い訳のしようがありませんね。気持ちが自分以外の男性に移っているような場合でも、浮気と認定する男性意見も寄せられました。

悪口ばかり

・「ほかの人の悪口をペラペラ話しているのを聞くと、一気に冷めてしまう」(27歳/情報・IT/技術職)

・「身内の悪口ばかり言う」(35歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「家族の悪口を言われたとき」(33歳/機械・精密機器/技術職)

彼に気を許しているからこそ、つい愚痴や悪口を言いたくなってしまうことだってあります。でも、口を開けば悪口ばかり……というのは聞いている側からするとストレスでしかありません。加えて、自分の身近な人のことを悪く言われてしまったら……。「何でそんなことを言うの!?」と思ってしまうのは仕方がないと言えそう。

心変わりしたとき

・「新しく好きな人ができたとき」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「ほかに好きな人ができると、彼女への恋心がさめて、乗り換えたくなる」(33歳/電機/技術職)

彼女以外に、魅力的な女性があらわれることで、気持ちが冷めていく……という切ない意見も。彼の心をつなぎとめるためにも、「手放したくない!」と思ってもらえるような女性であり続けるための努力は多少なりとも必要なのかも。

「彼女への恋心が冷めてしまった瞬間」について見てきました。彼への愛情があれば、浮気などはしないと思いますが、悪口などは気を抜くと言ってしまいそうなので気をつけたいところ。彼にマイナスなイメージを持たれて愛想を尽かされないために、自分がされたら嫌なことは彼にもしない、といった心がけを持つようにしてくださいね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年8月にWebアンケート。有効回答数104件。22歳〜39歳の社会人男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE