お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ごめんね! 生理になってしまったときの上手な「お誘いの断り方」4選

ファナティック

2人の気持ちが高まって、そういう雰囲気になったのに……「生理になっちゃった!」なんて経験はありませんか? かなり気まずいこんな状況……いい雰囲気を保ったまま、上手な断り方で切り抜けたいものです。こんなとき、世の中の女性たちはどんな断り方を実践しているのでしょうか? アンケートで聞いてみました。

■体調の変化を伝える

・「おなかが痛い」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「眠いと言う」(30歳/学校・教育関連/専門職)

生理による体調の変化は、実にさまざまです。だるくなったり、眠くなったりするのも、自然なことですよね。「生理だから」というひと言が抜けているだけで、あとはすべて真実です!?

■正直に言う

・「『ごめん、なっちゃった!』とストレートに伝える」(32歳/不動産/専門職)

・「はっきりと言う。それでも食い下がる人には『体に悪いので』と言う」(31歳/医療・福祉/専門職)

最終的には、やっぱりコレしかないのでしょうか。とはいえ、これで明らかに機嫌を悪くするような彼なら、お付き合い自体を考え直したほうがいいのかもしれません。彼の気持ちを確かめるため、あえて一度は伝えてみては?

■かわいらしく断る

・「『おなか痛いからキスだけにしよ、ね』とかわいく言う」(32歳/建設・土木/技術職)

・「『今日は女の子の日』とかわいらしく断る」(33歳/運輸・倉庫/秘書・アシスタント職)

生々しいひと言に抵抗がある方は、かわいらしさをプラスしてみてください。こんな言い方なら、きっと角も立たないはず。彼も「仕方がないなぁ」と思ってくれるはずです。

■彼が喜ぶひと言を追加

・「ストレートに言う。『生理が終わったらたくさんサービスするから』と付け加えると喜んで待っていてくれる」(28歳/機械・精密機器/技術職)

・「『今日は体調悪いから、寄り添っているだけで幸せだな』と伝える」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「『終わったらしよっ』と明るく言う」(31歳/電機/事務系専門職)

生理中だから仕方がないことだとはいえ、ほんの少し伝え方を工夫するだけで、印象はぐんとアップ! ぜひマネしてみてはいかがでしょうか。

こんな断り方なら、気まずくならずに、彼の誘いをスルーできるはず! 自分の体を守るためにも、ぜひ賢いテクニックを身につけておいてくださいね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答数137件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE