お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

え、ちょっ、そんなところ……! 男性に触れられるとドキドキする「体のパーツ」4つ

ファナティック

男性からの何気ないスキンシップは、心がときめく瞬間でもあります。自分で触る分には何も感じないのに、男性に触れられると自分の中の女が顔を出してしまうという人も多いでしょう。今回は、どこをどう触れられるとドキドキするのか、社会人の女性に聞いてみました。
 ■背中

・「肩や背中。呼び止められるときにチョンっと触られるとドキッとする。(イケメン限定)」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「背中、親しくないと触られない場所なので」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

通常であればびっくりして拒否してしまううしろから触れられる行為。不思議なことに好きな男性であれば何の抵抗もなく受け入れることができます。見えない分、感覚が研ぎ澄まされて一層ドキドキしてしまいますね。

■頭

・「頭。撫でられると気持ちいいしもっと触ってほしくなる」(31歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「頭。やはり頭をポンとされるだけで『ドキっ』と口から心臓が出るくらいときめきみたいな衝撃が走る」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

頭を触られると、「かわいがられている」「大切にされている」という感覚を持つ女性も多いでしょう。本来は急所であるはずの頭を触られると心地よいのは、相手に心を許している証拠でもあります。

■腰

・「腰。普段触られる場所じゃないから」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「腰。さりげなく腰に手をまわされるとドキドキする」(33歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

恋愛関係になければ絶対に触れることのないパーツなだけに、2人きりのときに腰に手をまわされたら、その後の展開を期待してしまうでしょう。時々、腰に手をまわしながら歩いているカップルがいますが、やはりどことなく大人の空気が漂っています。

■顔

・「頬。やさしくなでられるとドキドキする」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「顔まわり、首とか。あまり人に触られないところなので」(30歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

相手の顔に触れるのはかなりハードルが高い行為です。シチュエーションが整っていないと不快に感じることもあるので、男性の状況判断力も求められます。いったん心を許してしまえば、撫でられる感覚にドキドキしてしまうこと間違いなしです。

恋は女性の体を敏感に変化させます。大好きな彼に触れられてドキドキするのは当然のことですが、男性に触れられたときのときめきは自分が少なからず相手に好意を持っていることのあらわれなのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答数109件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE