お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

理想はこれだった! イマドキ女子の「あこがれのプロポーズ」5選

神之れい

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

プロポーズは人生の中でも特別な瞬間ですよね。プロポーズの仕方にもいろいろなものがありますが、働く女子はどんなプロポーズにあこがれるのでしょうか。理想のプロポーズを聞きました。

誕生日にレストランで

「普段は行けないような豪華なレストランで、誕生日プレゼントとして指輪をもらいたい。『これを受けとって。結婚しよう』とサラッと言われるのが理想です」(30歳/出版)

まさに王道のプロポーズではないでしょうか。定番だからこそ、あこがれのシチュエーションですよね。

流行りのフラッシュモブ

「その場では恥ずかしいのかもしれませんが、思い出になるので、フラッシュモブでプロポーズされてみたいです。景色のいい広めの公園で、ダンスの最後に『結婚しよう!』と大声で叫んでもらえたら最高」(26歳/運輸)

突然周囲の人がパフォーマンスを繰り広げ出すフラッシュモブ。サプライズ感が満載で、インパクトのある思い出になりますね。

実家で突然両親に

「何度か両親と会って仲よくしてもらってから、親の前で『娘さんを真剣に愛しています。大切にしますから、僕を新しい家族として認めてください!』と言われたいです」(30歳/福祉)

これは両親も驚きですね。2人だけのプロポーズより、より真剣さが増して気持ちが伝わりそう。

2人が初めてデートした場所で

「初めてデートした場所でのプロポーズがいいですね。『ここから僕たちがはじまったから、また新しくスタートさせない?』みたいな、少し遠まわしな言い方をしてほしい。ストレートなのは照れくさすぎるので……」(28歳/金融)

初めてデートをした場所は思い出も強いもの。再び新しい思い出を作るのも素敵です。

海外映画のように

「男性がひざまずいてプロポーズをするのにずっとあこがれています。指輪を差し出しながら『僕と結婚してください』と言われたら、惚れ直してしまいそう」(26歳/小売)

海外映画で一度は目にしたことがあるプロポーズの仕方。こういうプロポーズだと、なんだかお姫様になった気分ですよね。

プロポーズされる側はシチュエーションを選べないもの。もしも理想のプロポーズがあるなら、日ごろから彼にそっと伝えておけば、思い通りのプロポーズを受けられるかもしれません。あなたはどんなプロポーズにあこがれますか?

※画像は本文と関係ありません

(神之れい+プレスラボ)

神之れい

アラサー喪女ライター。1984年生まれの神戸在住。ライターとは無関係の短大へ進学、一般企業でOL生活を経てライターに。恋愛コラムやエンタメ系ニュースサイトなどで執筆中。腐女子で豆腐メンタルの人見知り。ゆるく浅くいろいろなことに興味を持っています。
Twitterアカウント:@iberikobooboohttps://twitter.com/iberikobooboo

この著者の記事一覧 

SHARE