お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

誰と恋愛しても「超便利に使われちゃう」女性の特徴4選

恋愛において、どんな彼と交際しても、いつも彼に超便利に使われちゃう彼女っていますよね。一般的に言えば、「好き」の度合いが強い側が便利に使われる結果になったり……というパターンかと思いますが、以下にご紹介するような女子も、けっこう男子は雑に便利に扱っちゃっているみたいです。どんな女子なのか? さっそくご紹介しましょう!

■1:母性が強い女子
「彼に便利に使われちゃってるな~というのが、自分でわかっているんですが、どうしても彼に尽くしまくってしまいます。彼のひとり暮らしの部屋に行っては掃除をしたり洗濯をしたり……なぜか彼の前に出ると母性が強くなってしまうんです」(25歳・モデル)

こういうのは、女子が持つ、ある種の「真心」でもあるように思います。だから、女子の持つ母性を便利に使う男子の側にも問題があるはずですが……。

■2:すぐに脱いじゃう女子
「あたしは彼のことが大好きで、彼の求めに応じてすぐに洋服を脱いでしまいます。彼に求められなくても、あたしがしたいと思えばすぐに脱いじゃいます」(23歳・アパレル)

多くの女子のなかには、大好きな彼に尽くしたいという気持ちがあるように思います。尽くしたくないと思っている女子もいるはずですが、傾向としては、女子は尽くすことで愛を確かめているということ?

■3:彼にお金を貸している女子
「あたし、彼にお金を貸してくれと言われたら、断れなくて、少額ずつ、もう5回くらい貸しています」(26歳・役員秘書)

この彼女は、「あたしがしっかりしなくっちゃ」という気持ちが強いと、自己分析していました。長女の女子です。幼いころから自分のことは自分でしなさいと親に言われて育ったとのことです。換言すれば「甘え下手」なのかもしれません。

■4:SNSで「なんちゃってリア充」とバレている女子
「彼はデートでいいレストランに行こうとよく言います。あたしがSNSにそういう写真をたくさんUPしているのを知っているから、あたしのお金でおいしいものが食べられると思っているみたいです。実際、お会計はあたしがしています」(27歳・広告)

これは見栄を張ることの代償は大きいということでしょうか?

特筆すべきは、証言の1、2、の女子が本能的に持っている母性のことだろうと思います。おそらく多くの女子は、彼氏に母性を多めに見せると、彼は甘えてくる……あたしは便利に使われてしまう……こういうことをご存知なはずです。理屈として知らなくても、直感でわかるはず。母性は本能ですから、溢れ出るときがあって当然で……ということは、問題は(当然のことながら)それを便利に利用している男にあります。
便利に利用されても、それでも好きなのか、人の好意を利用するようなヤツとはお別れするのか? このへんの古今東西普遍のテーマをよく考えることが、いい恋をする……ひいてはよく生きることにつながるのではないでしょうか?

(ひとみしょう)

お役立ち情報[PR]