お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

【追い込み女子の実態】「強引な男性」と「遠慮がちな男性」、どちらが好き? 女子の真実は……

森もり子

なかなか返事をくれない彼氏をつい追い詰めてしまう、そんな「追い込み女子」。こんな気持ちにリアルに共感してしまう女子は多いはず。悲喜こもごもな「追い込み女子」の実態を、累計19万DL超の大人気LINEスタンプ作者・森もり子さんのイラストにのせて紹介します!

男性には大きく分けて、「強引なタイプ」と「遠慮がちなタイプ」がいますよね。まわりの男性を思い返してみてもらえれば、大体どちらかのタイプに分類できると思います。そこで今回は、世の女性たちに「強引な男性」と「遠慮がちな男性」、どちらのタイプが好きかを調査してみました。

「どちらかと言うと、ついてこい的な人がいいので」(28歳)※イラスト:森もり子、書き下ろし

Q.あなたは、「強引な男性」と「遠慮がちな男性」、どちらが好きですか?

「強引な男性」……65.8%
「遠慮がちな男性」……34.2%

「強引な男性」を支持している女性のほうが約65%と多い結果ですね。しかし、約3人に1人の女性は、「遠慮がちな男性」を支持しています。では、それぞれを選んだ理由を見てみましょう。

<「強引な男性」派の意見>

■私を引っ張って!

・「どちらかと言うと、ついてこい的な人がいいので」(28歳/食品・飲料/技術職)

・「引っ張って行ってほしいから」(29歳/情報・IT/事務系専門職)

・「自分が積極的ではない分、リードしてもらったほうがいい」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

強気な女性も多いとはいえ、まだまだ「彼にリードしてもらいたい!」と思っている女性は多いです。強引だけれど、素敵なエスコートをしてもらえたら、とってもうれしいですよね。

■優柔不断な態度が苦手!

・「遠慮されすぎると、何をしていいやらわからない」(29歳/学校・教育関連/専門職)

・「自分がせっかちなので、遠慮がちな相手だとイライラするから」(28歳/機械・精密機器/技術職)

・「自分が押せない人なので、多少強引じゃないと話が進まない」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

彼に主導権を渡していいのかいけないのか、その判断がつけづらい遠慮がちな態度を取られると、確かにやりにくいかもしれません。また、優柔不断な態度が苦手な女性も多いですよね。

では逆に、約3人に1人の女性が選んだ「遠慮がちな男性」にはどのような意見が寄せられたのでしょうか?

<「遠慮がちな男性」派の意見>

■リードされすぎるのはイヤ!

・「強引な人だと、自分の意思を無視されているように感じるので」(23歳/小売店/事務系専門職)

・「ぐいぐい来られると疲れてしまうので」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「自分の気持ちを優先させてほしいから、あんまり強引だとイライラすると思う」(27歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

何事も私を尊重してほしい! というタイプの女性ならば、自分自身の要望ばかり通そうとする強引な彼はまず合わないでしょう。強引なタイプ同士のカップルだと衝突が絶えません。

■奥手でやさしいタイプが好き!

・「なんか、かわいいと思ってしまうので」(30歳/電機/事務系専門職)

・「草食系男子が好きだから」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

・「リードしてほしいときは強引なほうがいい場合もあるが、日常ではやさしく紳士的なほうがいいから」(32歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

遠慮がちで、奥手な男性、いわゆる「草食系」が好きな女性も少なくないですよね。「私がリードしてあげなきゃ!」と母性本能がくすぐられてしまうのかもしれません。

女性たちの好み、賛否両論ありましたが、いかがでしたか? 「強引な男性」と「遠慮がちな男性」、おのおのにちがった魅力、異なる欠点があるようです。付き合う前には遠慮がちだったのに、付き合ってからは強引になるタイプ、またはその逆の場合も珍しくありません。好みの男性かもしれないと思っても、よく見極めて、自分と相性のいいタイプを見つけてくださいね!

(ファナティック)

※イラスト:森もり子、書き下ろし

※『マイナビウーマン』にて2015年6月にWebアンケート。有効回答数152件(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]