お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド イベント

新宿に砂のゴジラや巨大パックマン出現! 8月21日から「新宿クリエイターズ・フェスタ2015」開催

モア4番街にパックマン

新宿クリエイターズ・フェスタ実行委員会は2015年8月21日~9月6日、巨大アートイベント「新宿クリエイターズ・フェスタ2015」を東京都新宿区で開催する。

【スポーツ好きの女性必見! 若手アスリートがボートレース戸田で交流イベントを実施 |】

同イベントは、2011年から新宿駅周辺各所で開催し、2015年で5回目となる巨大アートイベント。今回も、国内外で活躍する著名アーティストが参加するアーティスト展、子どもたちがアーティストといっしょに大壁画を描いたり気軽にアートを体験できるこどもアート、被災地の子どもたちへ絵手紙を送る被災地応援プロジェクトなどを開催する。

「アーティスト展」は、世界で活躍するアーティストの作品が新宿のまちのあちこちに登場するというもの。2014年度、神楽坂 毘沙門天に3万人の観客を集めた作品「伝統と進化型宇宙生物」を制作した国際的なCGアーティスト・河口洋一郎が、今回は西新宿と神楽坂 毘沙門天の2カ所で展示を行う。

河口洋一郎 呼吸する巨大宙貝Shecco(シェッコ) 2014 (C) Yoichiro Kawaguchi

高さ8mのバルーン作品を発表した現代美術家の椿昇の作品は、住友不動産新宿グランドタワーに登場。1月に京都で発表した琳派400年記念作品「鸚鵡図」を展示する。

今回の目玉は、新宿駅を挟んだ西口側に登場する「砂のゴジラ」。世界各地の砂像イベントなどで人気の砂像彫刻家 保坂俊彦が同フェスタに初登場し、新宿中央公園「水の広場」に、徐々に形になるゴジラの11日間の公開制作を行う。

保坂俊彦 DOOR 2011 (C) 2014 保坂俊彦/FAD/SRS Co.,Ltd.

こどもアートでは、アーティストたちと絵画制作などを楽しめるアート体験ワークショップや、会場をめぐりスタンプを集め景品を獲得できるゴジラスタンプラリーなどを開催する。生涯、戦争のない世界を願い子供たちのために作品を描き続けた漫画家 やなせたかしの作品や中東と福島のこどもの絵の展示も行う。

そのほか、全国の学生や若手アーティストによる作品が競演する新宿アート・コンペティションも開催。新宿を舞台にした漫画「シティーハンター」の生誕30周年を記念して、漫画家・北条司と編集者・堀江信彦のスペシャルトークショーも行う。

新宿モア4番街の「ブロックアート展」には、巨大パックマンが登場する。映画「ピクセル」の協力のもと、世界で13人しかいない「レゴ認定プロビルダー」三井淳平が映画に登場するゲームキャラクターたちをブロックで再現した。

■イベント概要

開催期間:2015年8月21日~9月6日17日間 ※一部期間外に実施するイベントあり
会場:新宿駅周辺各所、神楽坂、市ヶ谷、中井

(エボル)

お役立ち情報[PR]