お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

意味わかんない! 女性が理解できない「男心」4つ

ファナティック

同じ人間ではあるものの、やっぱり男と女はちがう生き物であることを実感させられる瞬間ってありますよね。そのことを特に強く感じるのはどんなときなのでしょうか。今回は、理解しがたい男心について、社会人の女性に聞いてみました。

■お金の使い方に疑問

・「キャバクラに通いつめて散財すること。好きで大金を積んだ癖にお金がないとか、いくら使ったとか自慢? してくること。きちんと貯金できてるのか、老後のこととか考えてるのか? と思う」(30歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

・「プラモデルを組み立てないで箱のまま大量に保管していること」(33歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

女性からすれば、そんなことにお金を使わずに貯金すればいいのにと思うようなお金の使い方をするのが男性というもの。彼らにとってお金の価値は自分自身が決めるもの。自分が必要だと感じれば惜しげもなく使うことも多いものです。

■武勇伝や見栄を張る

・「過去の武勇伝やモテっぷりを自慢する」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「ムダな見栄を張ること」(26歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

過去の武勇伝を語りたがる男性や見栄を張りたがる男性は多いもの。女性としては聞き流してあげる程度がいいかもしれませんよ。

■コレクターズの不思議

・「何でも集めたがること。ペットボトルについているノベルティなど、コンプリートすることが目的で、集め終わったら興味を失うことがよくわからない」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「フィギュアなど、何かを集めたがること」(24歳/食品・飲料/専門職)

コレクターたちは、集めて愛でることが大好き。たとえ利用価値がないものばかりでも、本人にとっては仕事以上に情熱を向けられる趣味だったりするので、自由にさせてあげるのが一番かも。

■嫉妬深さと浮気癖は紙一重?

・「彼女や奥さんがいても、ほかの女性と性的な関係を結ぼうとすること」(28歳/機械・精密機器/技術職)

・「ほかの男性と話しただけでたまに機嫌が悪くなっていること。いいときと悪いときがあるのでよくわからない」(30歳/電機/事務系専門職)

男性にはより多くの子孫を残したいという本能があります。だからといってそれを理由に浮気に走るのは褒められたことではありません。そうやって好き勝手なことをしている割には妙に嫉妬深いのも理解に苦しむところです。

これらの理解できない男心のせいで、男性に対して「子どもっぽい」という印象を持っている女性も多いでしょう。ですが、男性はプライドの生き物でもあります。男とはこういう生き物と割り切って、うまく聞き流すことも女性としての大切なスキルです。自分の価値観を押し付けて、ムダなケンカをしないよう心がけましょう。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年7月にWebアンケート。有効回答数125件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]