お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

「ひと夏の恋」で終わらせない! 夏スタートの恋を長続きさせるコツ

ファナティック

夏といえば恋の季節……夏の暑さに浮かされ、バッと燃え上がり、秋の訪れとともに恋も終わる……そんな体験をしたことがある人もいることでしょう。しかし、大人になればそんな恋ばかりしてはいられません。夏の出会いも大切に、将来につなげられるように頑張りたい人もいるはず! そこで今回は、世の女性たちに夏の出会いを「ひと夏の恋」で終わらせないコツについて教えてもらいました。

■連絡をまめに!

・「離れてた後も連絡を取り合っておけば忘れられることもないし、気持ちが盛り上がると思う」(25歳/その他/その他)

・「頻繁に連絡をとりあうこと。ちょっと先の遊びに行く予定などを立てておくこと」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「マメに連絡する」(32歳/その他/事務系専門職)

・「連絡を頻繁にとる」(27歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

男性は連絡無精の人が大半です。いくら盛り上がった相手でも、ちょっと音信不通になったら、そのまま自然消滅を狙われてしまうかも……どうしても逃がしたくない相手なら連絡はまねにして、自分は恋人であることをしっかり自覚させましょう。

■恋は焦らず!

・「付き合うまでにしっかり時間をかける」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「遊びだと思わせない」(30歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・「結果を急ぎすぎないこと」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「相手のことをよく考えることです。そうすると長続きします」(24歳/食品・飲料/技術職)

運命的な出会いをして、好きになったからといって、軽率な行動に出てしまっては、ゲットできそうだった彼のハートも逃してしまいます。焦らず、慌てず、夏の恋だからとって油断せずにじりじり距離を縮めていきましょう。

■秋を二人で……

・「秋になったら、別の魅力を出して飽きさせないようにする」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「なんとなくで付き合わないこと。秋には、秋しかできないデートをする」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「秋になったらイメチェン。違う一面も見せる」(32歳/その他/クリエイティブ職)

・「秋のものを一緒に楽しむ」(30歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

夏が終わり、秋が来るころ、恋心も一緒に去って……となってしまっては、ただのひと夏の恋で終わってしまいます。秋の季節も一緒に楽しめるように、夏の間から旅行やデートの約束を取り付けて、定期的に会うようにしましょう。

情熱的な恋は素敵ですが、その熱が一瞬で冷めてしまっては将来に何もつながりません。素敵な人、運命を感じる人に出会ったら、長続きさせるための努力が必要です。恋にのぼせ上がり、大切なことを忘れがちになるかもしれませんが、ひと夏の恋で終わらせないためには何が必要かよーく考えて、慎重に関係を深めていってください!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません
※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答数172件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]