お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 片思い

いつまでも手を出してこない!? 女子の恋心が一気に冷めた男性の言動6つ

ファナティック

恋は盲目と言われます。好きになるとその人の欠点さえ気にならないということのたとえですが、その状態がいつまでも続くわけではありません。ふとした瞬間の何気ない男性の行動に、それまでの恋心が一気に冷めてしまうことも。見事に女性たちの恋を打ち砕いた男性の言動について、働く女性に聞いてみました。

■人の悪口を言った瞬間

・「自分の友だちの悪口を言われたとき。自分に対する裏切りに思えたから」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

・「差別発言を聞いたり、差別的な考えを持っているのを知ったとき。陰口や悪口を聞いたとき」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

関係が深くなるにつれて、話す内容も踏み込んだものになっていきます。本人のいないところで人を蔑む様子を見ていると、自分もそう言われているのではないかと不安になったりすることも。彼氏と一緒に過ごすときには、楽しい話題を共有したいものですよね。

■男らしくない男だとわかった瞬間

・「器量があると思ったら、案外自分のことしか考えていない自己中心的な人だと思ったとき」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「『オレ、尽くしてきたよね?』。恩着せがましい」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

器の大きい男性は、一緒にいてくれるだけで安心感を得ることができますが、自分勝手だったり、常に見返りを求めてくる男性が相手だと残念な気持ちになることも。何かしてもらったら自分も何かしてもらって当然という考えを持っている人は、愛情ではなく計算で行動しているのかも?

■暴力的な側面が見えた瞬間

・「ケンカして殴られたとき。アメフト部のやさしい彼だったのに、逆上した瞬間に平手打ちされて鼓膜が破れた」(32歳/医療・福祉/専門職)

暴力でねじ伏せようとしたりする男性は、DV癖の疑いがあるかも。肉体的な暴力は許されることではありません。

■女性の役割を押しつけてきた瞬間

・「だんだんと、女はこうするべき、食事はこう食べるべきなど細かいことを言い出した」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

自分の考えを強要したり、頑固だったりするのは、その後の関係を続けていくのに難がありそうです。2人で補ったり協力し合ったりできるカップルでありたいものですね。

■仕事の価値観に違和感を感じた瞬間

・「仕事より趣味が大事、趣味のために働いて(お金を得て)いるし、趣味が続けられない状況になるのなら仕事を変えると言った人がいた。そのとき28歳。信じられなかった」(23歳/医療・福祉/専門職)

人はさまざまな考え方があり、仕事第一の人もいれば、プライベート第一の人もいます。相手との価値観のちがいが大きすぎると分かり合えないことも。

■恋愛の進め方に温度差を感じた瞬間

・「いつまで経っても手を出してこない草食さ」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

好きだから、そろそろいいかなと女性側が思っていたとしても、相手の気持ちが固まっていなければ、進展は望めません。恋のタイミングが合わないとなかなかうまくいかないものですよね。

男性からしたら、「こんな些細なことで……」と思うような内容かもしれませんが、女性にとってはこれらの言動は大きな問題です。自分の幸せは自分で掴むしかありません。男性に幸せにしてもらおうと思わずに、現状で一緒にいて幸せだと感じられる相手を探しましょう。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年6月にWebアンケート。有効回答数253件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]