お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 片思い

女として私を見て~! 彼との“友だち以上恋人未満”な関係から抜け出す方法6つ

友だちでもないけど彼氏でもない……、どっちつかずな彼との関係。「どうにかしてこの関係から抜け出して、早く彼女に昇格したい!」と悩んでいる女子も多いのでは? そこで今回は、世の中の女子たちに、気になる男子との“友だち以上恋人未満”な関係から抜け出すためにはどうしたらよいか、意見を聞いてみました。

■関係をはっきりさせる

・「自分から彼に(自分との関係をどう思っているか)聞いてみる。聞かないとはじまらないから」(26歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「はっきり付き合うか付き合わないかを白黒つけること」(30歳/建設・土木/事務系専門職)

・「これからの関係性を話し合ってみる」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

「この関係ってなんなの!」と疑問に思ったときは、はっきりさせることが一番! 直接彼に聞いて、白黒つけるべきという女子の回答が多く集まりました。相手の気持ちを知るには勇気が必要ですが、何もしないでいたらいつまでもモヤモヤした気持ちが消えないですもんね。

■女であることを彼に意識させる

・「女性らしい振舞いをしてみる。真剣に悩み相談をしてみる」(26歳/電機/事務系専門職)

・「できるだけオシャレして全力で女を出す。女として意識してもらわないといけないと思うから」(30歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

彼が今一歩関係を踏み出してくれないのは、自分のことを女として見てくれていないからなのかも!? 女の子らしい意外な一面を知ったとき、そのギャップに彼の心もきっと動き出すはずです。

■ほかの男の影を匂わせる

・「ほかの男性からアプローチを受けていることをそれとなく伝えてみる。誰かの彼女になってしまうかもしれないという焦りから(彼が)何か行動を起こすかもしれないから」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「新たな男を匂わす」(30歳/食品・飲料/専門職)

こちらは男子の狩猟本能を掻き立てる作戦。「コイツは俺のもの」と高をくくっていた彼も新たな男の出現に焦りを感じて、積極的になってくれるかもしれません。

■デートなどできっかけを作る

・「2人きりで出かける機会を増やせばいいと思う。付き合っているのを既成事実にしてしまう」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「思い切って食事に誘ってみる。相手の反応も見られるから」(32歳/その他/クリエイティブ職)

恋愛で大切なのは、きっかけだと考える女子も多くいました。いかにもカップルが行きそうな場所に2人きりで出かけて、彼の反応を探ってみるのもいいかも!? また、デート特有の緊張感ある雰囲気が2人の距離を急接近させてくれるはずです。

■やっぱり告白!

・「自分から告白する。相手はいつまでも友だちだと思って接していると思うから」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「好きだったら告白する。振られたら最初はやっぱり引きずるけど、なるべく早めにきっぱり諦めて今まで通り友だちとして付き合う」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

「当たって砕けろ!」の精神で思い切って告白するという女子も多数。確かにどんなに彼のことを思っていても自分から動き出さないことには、関係が変化することなどありえないのかもしれません。

■このままの関係でいるのもアリかも?

・「一番幸せな時期なので、あえて抜け出したいと思わないかも」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

中には、幸せな彼との関係を壊したくないからあえて何もしないほうがいいという女子もいました。付き合う前の“友だち以上恋人未満”の甘酸っぱい関係って、彼の言動や行動に一喜一憂したり、切ないけれど楽しい期間でもありますよね。

女子たちが考える、“友だち以上恋人未満”な彼との関係から抜け出す方法はさまざま。なんにせよ、何も行動しないままではあまり関係の進展は望めないようなので、自分なりの方法で彼の気持ちを動かす努力をしたほうがよさそうです。

(マイナビウーマン編集部)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年7月にWebアンケート。有効回答数176件(22歳~34歳の働く女性

お役立ち情報[PR]