お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

惚れ直しちゃうよ! なにげない日常のサプライズ5つ

サプライズ

今日は誕生日でもないし、2人の記念日でもない。普通の日なのに、彼がケーキを買ってきてくれたり、アクセサリーをプレゼントしてくれた……。そんな日常のなかのちょっとしたサプライズが女子は大好き! そこで今回は、日常でつい期待しちゃうサプライズについて、働く女性に聞いてみました。

■やっぱり嬉しいのは「花」!

・「車のドアを開けてくれて座席をのぞいたら花束と手紙が添えられていた」(25歳/商社・卸/事務系専門職)

・「特別な日ではないのにお花をもらった」(31歳/自動車関連/事務系専門職)

・「自分でも忘れていたような記念日に花を贈ってもらう」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

今回、とくに多かった回答は「花」! 一輪の花でも、ふともらえると一気にハッピーな気分になれますよね。思い出の花などを覚えてくれると、より一層キュンキュンしちゃう! 花言葉もチェックしておきたいですね。

■スイーツ大好き♪

・「仕事で怒られて凹んでる時などにスイーツなどを買ってきてくれる」(29歳/情報・IT/技術職)

・「普通の日に不意にケーキを買ってきてくれる」(23歳/医療・福祉/専門職)

・「会社帰りにプチスイーツを買ってきてくれる! 一日の疲れが緩和されてちょっと幸せ」(32歳/金融・証券/事務系専門職)

仕事がうまくいかなかった日は、こういうサプライズに元気をもらえますよね。コンビニで売っているデザートでもうれしい! スイーツを片手に会いにきてくれたら、それだけでもほれなおしてしまうかも?

■家事をやってくれたの!?

・「疲れて帰ってきた時に料理を作ってくれているなど」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「帰ったら部屋が片付いている」(30歳/通信/事務系専門職)

・「夕ご飯がカレーなのに実は私の大好きなトマトが入っている。よくわかっているじゃんw」(29歳/食品・飲料)

帰宅してからの家事って本当にやりたくない……。疲れているときほど、何もしたくないものです。帰ったら料理ができているなんて、うれしすぎて感動しちゃうかも!? 早く帰れた日は有り合わせで十分なので、男の手料理に挑戦してくれないかなー。

■ちょっとしたやさしさが好き

・「階段を上る時など手を差し出してくれる」(26歳/運輸・倉庫/営業職)

・「疲れたなーと思っていたら迎えにきてくれた」(32歳/医療・福祉)

・「デートに行く時にご飯を食べるお店を事前に予約してくれたが、以前になにげなく話した前から行ってみたかったお店を予約してくれていた時には、覚えていてくれたことに感激した」(29歳/運輸・倉庫)

階段を上るときに手を差し出してくれるなんてカッコいい! 重い荷物を代わりに持ってくれたら、「女として大事にされているな」って実感できますよね。愛されている実感が得られるのもポイントです。

■ニクい演出

・「デートの日の当日に、チケットを渡されてサプライズで日帰り軽井沢旅行に行った」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「アクセサリーが枕元にあった」(31歳/学校・教育関連/技術職)

・「似合いそうだから買ってきたと、小物をプレゼントされる」(27歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

「似合いそうだから買ってきた」という言葉もいいですよね。買いものをしながら、自分のことを考えていてくれた証拠。一緒にいなくても、おねだりしていなくても、自分を思ってくれると愛を感じます。

■まとめ

彼からのサプライズは「自分のことを気にかけてくれている」ということがわかるので、女性はうれしいようです。マンネリ気味になってきたら、サプライズで刺激をプラスしてみるのもいいかもしれませんね。

(藤平真由美/OFFICE-SANGA)

※『マイナビウーマン』にて2015年7月にWebアンケート。有効回答数223件(22~34歳の働く女性)

※画像は本文と関係ありません

お役立ち情報[PR]