お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド スポット

高知県日高村の「オムライス街道」が熱い! 過疎化の進む村が観光スポットに

オムライス街道map

高知県庁は、⾷材・⾷文化の宝庫・⾼知県の「おいしい夏」情報として、⾼知県⽇⾼村(ひだかむら)の「オムライス街道」を紹介している。

【え~! おいしさと斬新さに衝撃 高知県の食材がもりだくさんの「かつおたたきパフェ」7万食を突破】

⽇高村は、⾼知県中央部に位置する、清流と緑豊かな山々に囲まれた村。村を東西に走る国道33号沿いに、地元産の⾷材を使ったユニークでおいしいオムライスを提供する飲⾷店が多いことから、「オムライス街道」と呼ばれ、今ひそかなブームになっている。

「オムライス街道」のプロジェクトは、年間100⼈ペースで⼈口が減少し過疎化が進む村で、オムライス好きの村長が⾳頭をとってスタートした。「特産のシュガートマトや⽶、野菜といった⾷材の地産地消で活性化し、県外にもPRできないものか」と思案し、ひらめいたものだという。

初年度の2014年度は、参加6店舗で計38,300⾷を販売(約4,200万円)。⽇高村の経済効果は約7,000万円に達した。2015年春には、参加店舗がオムライスの全国⼤会で準優勝し、経済効果は累計で1億円を突破。協力店も11店舗に倍増し、さらに盛り上がりを見せている。

日高村のオムライス

⽇高村では、毎⽉12⽇を「オムライス記念日」とし、同日午後5時の時報では、⽇高村のオヤジバンドが村のために⾃主制作した「オムライスの歌」を村内放送している。

高知県には、オムライス以外にも「おいしい街道」として、「いの生姜焼き街道」「四万⼗ポークどんぶり街道」がある。

(エボル)

お役立ち情報[PR]