お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

知らなきゃよかった! こっちが困る同僚の社内恋愛

ファナティック

結婚した2人の出会いのキッカケで多いのが「同じ会社で……」というものですよね。そうです、社内恋愛は多いのです。一緒に過ごす時間が長いのですから、引かれあって当然かもしれませんね。ところで社内恋愛、当事者も大変ですが、周囲もいろいろ大変ですよね。今回はそんな、同僚の社内恋愛について女性にアンケート調査を行いました。

Q.同僚の社内恋愛を知って困ったことがありますか?
「ある」10.9%
「ない」89.1%

同僚の社内恋愛を知って、困っちゃった経験を持つ女性は1割程度と案外低めでした。基本的には応援することが多いのでしょうか。それでは困っちゃうような同僚の社内恋愛とはどんなものなのか、詳しく聞いてみましょう。

相談相手になっちゃった

・「別れる別れたくないの相談相手に……」(31歳/食品・飲料/技術職)

・「妊娠しちゃった相談があったから」(31歳/不動産/事務系専門職)

・「バツイチ上司との恋愛相談をされそうになったときは、全力で話をそらした」(32歳/その他/その他)

社内恋愛の始まりでも終わりでも、トラブルになりそうな相談は困っちゃいますよね。やめろと言ってやめられるわけでもないし、そもそも恋愛自体は悪くありません。ただ、片方からの話でトラブルを知ってしまうと、仕事中にそのことが頭をよぎってしまうでしょうね。

別れた後の2人への対応が大変

・「職場内で付き合って別れて、また別の人と付き合ってという感じで対応に困った」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「付き合い始めて困ったことはないが、別れて困ったことはあった」(29歳/その他/その他)

付き合ってそのまま結婚するなら問題ないのですが、別れることも多いものです。社内恋愛が知られてしまうと困るのは特に別れた後。周囲が本人たちに接しにくくなります。仕事上で本人たち同士が鉢合わせしてしまってもいいのかどうか、(本当はいいはずなのですが)変に気をまわしてしまうこともありますよね。

それ、不倫じゃん!

・「不倫カップルのことを知ってしまってなんとなく意識してしまう」(31歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「上司と後輩が不倫だったのですごく気まずかった」(26歳/食品・飲料/営業職)

・「不倫現場を見てしまった」(32歳/不動産/事務系専門職)

そもそも社内恋愛には不倫も多いものです。社内恋愛なだけならまだしも、不倫であることを知ってしまうと、あまりいい気分にはなりませんよね。尊敬していた上司が不倫しているなら軽蔑してしまうし、仲のいい女性が不倫しているならやめてほしいものです。もし不倫してしまうことになったら、絶対にばらさない覚悟が必要です。

普通に困ります。

・「いちゃいちゃしすぎているし仕事中二人で私語が多かった」(32歳/その他/クリエイティブ職)

・「女性の同僚から話は聞いていたが、みんなには秘密だったので、いつバレるかと思うと私のほうがひやひやしていた」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「となりの席の先輩が同じ課の人と付き合っていることを知って、ほかの人に話したくてしかたなかった」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「お互いの行動や目くばせを気にして見てしまったり、話したいのに話せなくてウズウズしたこと」(32歳/医療・福祉/専門職)

仲良く付き合っている時期なら、仕事に影響が出ているのを目の当たりにしてしまうこともあります。また、秘密を知った人としては、バラしたくてうずうずしてしまうことも。とは言え、純粋に他人の恋愛事情を楽しめる時期でもあるようです。

自分以外の社内恋愛を知ってしまうと、それが幸せそうならこちらも楽しくなり、そうでないなら知らなきゃよかったと思うかもしれませんね。いずれにせよ社内恋愛は日々の生活に刺激を増やす結果になりそうです。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2015年6月にWebアンケート。有効回答数156件(22歳~34歳の働く女性)
※画像は本文と関係ありません

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE