お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ガーン……シンプルにショック! 男性が衝撃を受けた外見に対する彼女の言葉

ファナティック

人は年を取るにつれて少しずつ変化していくもの。まったく変わらずにいるなんて誰にもできないことなので、良くも悪くも変化していくことを受け入れるしかありませんが、その変化についてはっきり指摘されるとショックを受けたり、逆にうれしくなったりすることもあるようです。今回は、外見の変化について彼女からの指摘でショックを受けたこと、うれしかったことについて聞いてみました。

【ショックだったこと】

■お腹が出ていてだらしない
・「どちらかと言えば痩せ気味で着膨れして見えるので、季節的に薄着になって来たときに違和感があったのか『頼りなさそう』と言われてしまったこと。人の気にしていることなのだが……」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)
・「『付き合う前はスマートだったのに……』、自分で太り気味なのが気になっているから」(26歳/農林・水産/技術職)
・「『お腹がそんなに出てるとだらしないし、暑苦しいから近寄らないで』と言われたときは、自分を否定されたようでショックだった」(29歳/不動産/その他)

男性も女性も年を取ると体型に崩れが出てきますが、それを彼女からズバリと指摘されたことがショックだったという男性もいるようです。年齢とともに張り出してくるお腹まわりを気にしている男性に「暑苦しいから近寄らないで」というのは、かなりキツい言葉ですが、彼の体のことが心配という面もあるのかもしれませんね。

■育毛しよう!
・「少し髪の毛が薄くなったかなと思ったときにすかさず『薄くなった?』と言われた」(32歳/電機/技術職)
・「育毛しよう。」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

自分ではどうしようもない薄毛についての指摘は、男性にとってかなりショックは大きいようです。「薄くなったかな」と自分でも気づいているところに、彼女から追い打ちをかけるように「薄くなった?」と質問されると立ち直れないかも。髪についての話題は、親しくてもあまり触れないほうがいいかもしれませんよ。

【うれしかったこと】

■大人っぽくなった
・「『顔が大人びてきたね』と言われたときうれしかった。ずっと童顔で悩んでいたので」(27歳/情報・IT/技術職)
・「『渋くなってきたね』と言われてうれしかった」(33歳/機械・精密機器/技術職)

ずっと童顔で悩んでいたという男性は「顔が大人びてきた」という言葉がうれしいようです。確かに、子どもっぽい、貫禄がないと言われるよりは大人だねと言われるほうがうれしいのは当然。「老けた」という言葉ではなく「渋くなった」と言い換えるのも彼女の優しさかも。

■細マッチョだね
・「『最近ちょっと痩せたんじゃない?』と言われたとき。ほんのちょっとのちがいなのに気づいてくれたのでうれしかった」(29歳/不動産/その他)
・「鍛えて少し筋肉が付いたときにすかさず『細マッチョ』だねと言われた」(32歳/電機/技術職)

体を鍛えようと思い立って努力した男性は、そこに気づいて「細マッチョだね」、「痩せたね」と言われるとうれしいみたい。自分の努力が認められたということだけでなく、彼女が自分のことをよく見てくれているといううれしもあるのでしょうか。こんなことを言われるともっとがんばろうという気になれるでしょうね。

外見の変化については、男性も気にしていることは少なくないようなので、そういうことは言わずにおくのも優しさ。もちろん、褒め言葉ならいくら言ってもいいですけどね。特に頭髪については男性にとって深刻な問題でもあるので、笑いながら指摘するというのは、彼を深く傷つけてしまいます。ただ、急に太ってきたとか痩せてきたというときには、健康面も心配なので、彼が傷つかないような言葉を選んで体型について指摘してもいいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年7月にWebアンケート。有効回答数117件。22歳~39歳の社会人男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE