お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

商品購入で支援! 意識して購入している商品とは?

ファナティック

日本の被災地だけではなく、世界的に人々の支援を求めている土地というのは多数存在します。直接的に支援をすることは、労力と手間の掛かることですが企業や団体などがそこにワンクッション入ることによって、一般人でも簡単に、それぞれの地域や、人々を支援することがかないます。そこで今回は、世の女性たちにこのようなアンケートを採ってみました。

Q.売り上げの一部が寄付される商品を意識して購入したことはありますか?
「ある」……12.9%
「ない」……87.1%

「ない」と答えた人が圧倒的に多いようですが、「ある」と答えた人がいないわけではありません。彼女たちがどんなものを購入したか、詳しく教えてもらいましょう。

■売り上げを被災地に!

・「Tシャツ。東日本大震災に売り上げが寄付されるので、とあったので購入したことがある」(32歳/不動産/専門職)

・「被災地や緑化などへ貢献される製品」(31歳/学校・教育関連/技術職)

・「好きなアーティストのチャリティCDやグッズ。ウィンウィンだから」(23歳/小売店/販売職・サービス系)

売上金が被災地に送られるシステムは、シンプルでハードルの低い支援ですよね。好きなものとコラボしていると、余計に購入する動機が高まるというものです。

■被災地のものを選んで

・「東北の震災のときから、福島産の商品をよく購入するよういなりました」(33歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「東日本大震災や森の保護、フェアトレードなど」(30歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「どうせ買うなら何かの役に立つ方がいいと思って」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「どれも値段が同じだと思ったときは、寄付できるものにする」(30歳/食品・飲料/技術職)

被災地で作られた商品を買う、ということも立派な支援です。風評被害などにより、売り上げの下がってしまったものをあえて購入し、被災地を応援しましょう!

■これなら気軽に支援

・「菓子類など。手軽に社会貢献できるので」(23歳/その他/事務系専門職)

・「チョコ。ダースがそんなことが書いてあったからたくさん買った」(31歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「お菓子・飲み物・小物。値段もそんなに変わらなかったので寄付できればいいと軽い気持ちだった」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「うなぎ。うなぎが好きだけど、なかなか気候変動のせいで養殖とかうまくいかないって聞いたから」(30歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

コンビニで売っているようなお菓子など、売上金の一部が支援に使われると書いてあれば、気軽に購入でき、簡単に支援できますよね。

女性たちが日々意識して購入しているものの数々、いかがでしたか? 今まで、特に考えずにものを買っていて人も、ぜひ今度、スーパーやコンビニへ行った際は、その商品がどんな人もために役立っているのか考えて購入してみてください。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2015年7月にWebアンケート。有効回答数147件(22歳~34歳の働く女性)
※画像は本文と関係ありません

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE