お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

老後のために20、30代から貯金。どう思う?

ファナティック

老後は趣味ざんまいで悠々自適に……なんてイメージは崩れてきていますね。今、老後について考えるともっとも不安になるのがお金の問題ではないでしょうか。住居を失ったり破産する人もいる中で、老後のために20、30代から貯金するのはありだと思いますか?

Q.老後のために20、30代から貯金をすることに対し、あなたはどう思いますか?
「あり」91.7%
「なし」8.3%

ほぼ全員の読者が「あり」と回答。それだけ身近な問題なのかもしれません。詳しく見ていきましょう!

<「あり」派の意見>

■重要そうだから

・「準備は大切だと感じる」(30歳/小売店/事務系専門職)

・「大事な視点だと思う。年金も期待できないし」(23歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

20、30代から老後を見据える視点にハッとさせられた人もいるのではないでしょうか。早めに考えておくのも大事ですよね。

■何があるかわからない

・「何があるかわからない時代なので、備えは早いほうがいいと思う」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「今の高齢者とちがい、年金がもらえる確証がないから」(24歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

退職や年金制度の破たんなど、先の読めないけれども現実味のあるトラブルがありますよね。今のうちから貯めておいたほうがいいのかもしれません。

不安な気持ちがあるから

・「不安な気持ちはわかる」(28歳/建設・土木/販売職・サービス系)

・「不安がそれで解消できるならしておくべき」(28歳/食品・飲料/技術職)

いろいろ考えて、老後に対して持つイメージは不安なのです。心配しすぎも身体に毒ですが、先のことは考えておきたいですね。

<「なし」派の意見>

■今を大切にできていないかも

・「考えられない」(30歳/学校・教育関連/専門職)

・「否定はしないが、今しかできないことを逃してしまうような気がする」(24歳/食品・飲料/専門職)

老後というともっと先のイメージがありますよね。確かに大切ですが、今ほしいものを老後のために我慢できるかというと微妙です。

■もう少し遊びたい

・「楽しめる時期にもったいない」(33歳/その他/その他)

・「遊びたいから」(31歳/学校・教育関連/技術職)

老後はお金があっても身体の具合が悪かったり、子どもや孫のために使って自分は楽しめない……なんてこともありそうですね。

■ほかに手段がありそう

・「年金積み立てくらいでいいと思います」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「老後よりも近い将来で必要になる貯金だと思うから」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

老後のためといわずに、もっと身近な目標があったほうが貯金に対するモチベーションアップできる人もいるかもしれませんね。

老後の生活は誰しも避けられないものです。長生きするのは悪くないけれど、資金が十分でない生活を送る事態は収入のある今だからこそ避けたいと思うのかもしれません。できることから備えておきたいですね。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2015年7月にWebアンケート。有効回答数132件(22歳~34歳の働く女性)
※画像は本文と関係ありません

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE