お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

やっぱりあこがれはアノ職業? 女性が輝ける職業3選

ファナティック

世の中にはたくさんの職業があります。就職活動、転職活動の際、その職種の多さにクラッとしてしまった人も少なくないでしょう。そんな数あるお仕事の中で、女性がもっとも輝ける仕事ってどんなものなのでしょうか? 今回は働く女性たちに聞いてみました!

■白衣の天使

・「ナース。女性の細やかさを最大限に活かせる職業だと思う」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「看護師。母が看護師でとても輝いていたので」(33歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「看護師。白衣の天使のイメージがすごい」(30歳/生保・損保/事務系専門職)

・「看護師。かっこいいから」(26歳/ソフトウェア/事務系専門職)

女性の仕事と聞いて、まずこれが浮かんだ人が多くいるでしょうね。男性の看護師もだいぶ増えましたが、まだまだ女性の仕事のイメージが強そうです。

■これぞ花形職? アナウンサー!

・「アナウンサーはちやほやされてるし、華やかなイメージ」(28歳/金融・証券/事務系専門職)

・「アナウンサー。おもしろそう」(31歳/金融・証券/営業職)

・「アナウンサー。才色兼備な印象があるから。男性からも人気がありそう」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「アナウンサーとか。あこがれてる人は多いと思うので」(31歳/学校・教育関連/技術職)

最近では、バラエティー番組にゲストとして出るアナウンサーも増えましたよね。彼女たちはまるでタレントのよう。アナウンサーは、まさに花形職と言っていいでしょう。

■昔からみんなのあこがれCA!

・「キャビンアテンダント。若い人の特権! 美人でスタイルがよくないとできない」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「スチュワーデスは、見ていてキラキラしているなと思う。あこがれてなる人が多いからだと思う」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「スチュワーデス。日本だととても輝かしいから」(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「キャビンアテンダント。女性だからこそできる仕事のイメージがあります」(27歳/学校・教育関連/専門職)

外見的な魅力だけではなく、英語などの知識も必要なキャビンアテンダント。魅力も知識も兼ね備えている人がなれるものだからこそ、惹かれてしまいます。

女性たちが考えた、女性が輝ける仕事の数々は、いかがでしたか? 才能と努力がなければ就けないお仕事ばかりだったので、「納得!」と思った人も多いことでしょう。なかなか簡単にはなれないとはわかってはいますが、ちょっとあこがれてしまいますよね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2015年6月にWebアンケート。有効回答数175件(22歳~34歳の働く女性)。

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE