お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

こんな子とは付き合えない!? 恋心があったのに、男性が一気に冷めた瞬間4つ

ファナティック

好きな人の嫌な一面は誰でも見たくないものですが、付き合う前にわかってよかったと思った経験がある人もいるでしょう。好きになりたてのころはまだ恋に恋している状態でも、その気持ちが何気ないきっかけで崩れてしまうことがあります。恋心を一気に冷めさせる女性の言動について、社会人の男性に聞いてみました。

男はお金だけ!? 共感できない恋愛観が露呈した瞬間

・「好きだった女性が金持ちと結婚したいと言っていて、お金だけの人なんだなと思って幻滅した」(27歳/情報・IT/技術職)

・「親から『ご飯のお金は男が出して当たり前』と教えられたから出さない、と言われたとき」(36歳/機械・精密機器/営業職)

恋愛観は人によってさまざまですが、男性はこのような恋愛観を嫌う傾向にあります。親の世代はバブルの時代で女性がおごられて当然だったかもしれませんが、現代はそんな時代ではありません。価値観を変えたくなければ、それでも納得してくれる男性を探しましょう。

態度が変わる!? 裏の顔があることを知った瞬間

・「男の前でだけいい顔をしていると聞いた」(38歳/通信/技術職)

・「男兄弟に対して、女王のように振舞っている姿を見たとき」(38歳/団体・公益法人・官公庁/営業職)

化けの皮はすぐにはがれてしまいます。好きな人の前でいい顔をしたいのはわかりますが、いつまで継続できるかは未知数です。表と裏のギャップが大きければ大きいほど男性は冷めてしまうでしょう。

理想の女性像とかけ離れた現実を見た瞬間

・「自分の前でムダ毛処理をする。ムダ毛処理は隠れてやるものだと思うので、それを目の前で見ると女性として見られなくなって冷める」(29歳/不動産/その他)

・「タバコを吸う事がわかったとき」(32歳/金融・証券/専門職)

女だってムダ毛も生えるし、お酒もタバコも好きだという人もたくさんいます。それでも、恥じらいや、女性らしい品は持っていてもらいたいものと思われています。自分の勝手な理想像を壊したという理由で、男性は簡単に冷めてしまうことも。

付き合ったら不幸になると確信した瞬間

・「借金の肩代わりを頼まれたとき。一瞬で血の気が引いたような気分になりすぐに別れを告げた」(31歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「表向きとうって変わって、内心では何事にも不平不満ばかりだったことがわかったとき。そんな人と付き合っていると自分もそういう次元に陥りそうだと思ったから」(23歳/警備・メンテナンス/営業職)

恋愛はお互いが幸せになれて初めて成立するものです。付き合った途端に今の何倍も不幸になるのがわかったら、男性は冷めるどころか関わりを持ちたくないと思ってしまうでしょう。相手を幸せにできる女性でありたいですね。

男性から恋心を持たれていたのに、一気に冷めさせてしまう女性の言動、いかがでしたか? お互いの価値観や相性が合わないまま付き合い続けても、結局はうまくいかないのであれば、深入りする前に気づいてよかったという面もあるのかも。あなたは、どんなときに好きな人に対して一気に冷めてしまいますか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年6月にWebアンケート。有効回答数145件。22歳〜39歳の社会人男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE