お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

できないわけじゃない! 働く独女が「あえて」結婚しない8ケース「相手が無職」「自由だから!」

相羽亜季実/OFFICE-SANGA

女性の雇用が圧倒的に少なく、たとえあったとしても、男性より待遇が低すぎる……。そんな時代に生きていた女性たちは、イヤでも結婚しなければ生きていけませんでした。でも今なら、自分の人生を自分で選ぶことができるので、「あえて」結婚しない人もいるのでは? その理由を働く独女に聞いてみました。

■いいイメージがない!
・「まわりに結婚していて、いいなあ~と思う人がいないから」(31歳/金融・証券/事務系専門職)
・「両親が不仲なので、将来こういう風にならない自信が自分にないから」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

周囲に幸せなカップルがいないと、結婚に夢や希望を持てません。グチばかり聞いていると、自分も結婚したらこうなってしまうのかと不安になりますよね。既婚者のみなさん、たまにはいい話も聞かせて! 「うらやましい」と思わせてほしいです。

■この特権を手放せません
・「自分の時間がなくなることがイヤなので」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)
・「自由だから。海外旅行とか気にせず行けるし」(28歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

大人って自由、大人ってサイコー! 結婚したら自分の好きなように過ごす時間が減ってしまうので、この生活を手放したくないという気持ちもわかります。今はまだ、仕事や趣味に力を入れたいから、もうちょっとこのライフスタイルを満喫しちゃダメかしら?

■順調に進んでいるから
・「仕事と結婚で迷っているから。まだ仕事でがんばりたいと思うときもあるから」(26歳/電機/事務系専門職)
・「するとなると出産がすぐ。キャリアの中断の覚悟ができていない」(30歳/通信/事務系専門職)

男女平等の世の中とはいえ、女性はまだ結婚や出産によってキャリアが中断されてしまうことも少なくありません。せっかくここまでがんばってきたのに、一回休みゾーンに入っちゃうのは寂しい……。自分が納得できる成果を出すまでは、仕事に生きる女でいたいのです。

■わたしが決めます!
・「タイミングではない」(31歳/アパレル・繊維/事務系専門職)
・「今結婚しても幸せになれないと思うから」(28歳/食品・飲料/技術職)

結婚するベストなタイミングは人それぞれ。それがいつなのかはわからないけれど、とにかく今じゃない! 自分のことだからわかります。早ければいいというわけではないし、本当に幸せになれる時期を狙いたいところ。誰かにせかされて結婚する必要はないですからね。

■結婚したらおあずけなの?
・「結婚する前に、もう少し遊んでおきたいなと思うから」(23歳/医療・福祉/専門職)
・「今からたくさん恋をするから」(22歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

遊びも恋も、今のうちに思いっきり満喫したい! だって若いんだもん♪ 特に働きだしたばかりのときには、結婚のことを考える余裕がないかもしれませんね。これから訪れるたくさんの出会いに期待して、仕事もプライベートも思いっきり楽しみましょう!

■相手待ちでーす
・「相手が無職だから。お互いの家族や友だちとも接触していないし」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「付き合っている彼が仕事で一旗あげるまで結婚しないと思うので、それまで待つつもりでいるから。これまでの彼氏は結婚するほど好きになれなかったから」(32歳/医療・福祉/専門職)

ひとりでじたばたしても仕方がない。結婚は2人でするものですから、相手のタイミングも大事ですよね。だからといって、あまりにも長く待たされるのは考えもの。彼が本当に自分と結婚する意志があるのか? しっかりと見極めることも忘れてはなりません。

■残念ながら……
・「ふさわしい相手がいない」(32歳/自動車関連/事務系専門職)
・「まったく恋愛をしたいという気持ちが出てこない」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

50年前だったら、こんな状況でも無理やりお見合いさせられていたのかも? お見合いによって素敵なご縁に恵まれることもありますが、自分の意志に反する婚姻関係を続ける自信はありません……。独女がのびのびと暮らすことができる、自由恋愛が主流の現代でよかった!

■結婚どころではない
・「いろいろなことに疲れすぎてて、正直、今ひとりでボーッとしてたいから」(32歳/不動産/専門職)

心に余裕がないときには、恋愛や結婚のことは二の次になります。ひとりで過ごす時間を大切にしたいときもあるでしょう。まずは疲れを癒やして。心身ともに元気になったら、いろんなことにトライしたくなるから! そのときに素敵な彼と出会えたら最高ですよね。

世の女性たちが仕事と、それに見合うだけの報酬を手に入れられるようになった今、イヤイヤながら結婚する必要はなくなりました。それでも、魅力的な男性と、有益な結婚制度を用意してもらえたら、いますぐ結婚したくなっちゃうかも!?

(相羽亜季実/OFFICE-SANGA)

※『マイナビウーマン』にて2015年5月にWebアンケート。有効回答数240件(22~34歳の働く女性)

※画像は本文と関係ありません

相羽亜季実/OFFICE-SANGA

『亜季実はいい女だぜ? みんな、かわいがってくんな。泣かせたらオイラが許さねえぜ』。以上、相羽亜季実をよく知る人物からの紹介文でした。

この著者の記事一覧 

SHARE