お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ガビーン!! 彼氏に言われた衝撃一言! 私たちがダイエットを決意した瞬間!

ファナティック

彼氏に言われた衝撃一言ダイエットをするきっかけに「男性」の存在が大きくかかわる人は少なくないと思います。気になる彼に振り向いてもらうために、がんばって痩せてきれいになりたいと思うのは、女性として当然の心理でしょう。そこで今回はこのようなアンケートを世の女性たちに協力してもらいました。

Q.あなたは今までに彼氏または好きな人に、太っている体形のことでショックなことを言われたことはありますか?

「はい」……15.9%
「いいえ」……84.1%

ひどい男がいるんですね。男性の言葉にショックを受けた女性は、約6人に1人の割合でいるそうです。彼女たちはどんな言葉で傷つけられたのか、詳しく教えてもらいました。

デリカシーがない!!

・「二の腕をプニプニすぎと言われたこと」(26歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「少しだけ体重が戻った後に、『あのまま太っていったらどうしようかと思った』と言われた。太っているときに言われなくて良かったと思った。多分ショックで立ち直れなかった」(32歳/その他/クリエイティブ職)

・「足が太いと言われた」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「『おしりと足がね、太ってるとは言わないけどちょっと残念。ほかのとこと比べたらバランスが悪い』って言われた」(30歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

「太い」と明言されてしまうと女性がどれだけショックを受けるのか、男性はわかっていないのでしょう。こんな言い方ってないですよね。

悪気はないのかもしれないけど……

・「くびれがなくて幼児体系だといわれてへこんだ」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「『顔が真ん丸だね』と笑顔で言われた。自分で自覚していなかったのでかなりショックだった」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

・「『おしりがブリッブリしとる。坂道のてっぺんから蹴ったら転がっていきそうだな』と言われた」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

その体形が好きなのか嫌いなのかわからないけれど、暗に「太ってる」ということを伝えられるのもまた、女子にとってはつらいこと。彼自身はなんの悪気もないのかもしれませんが……。

そんなにはっきり言わなくても……

・「もっと痩せている子が好みと言われた」(30歳/電機/事務系専門職)

・「『キモいんだよ。デブすぎて』と言われた」(33歳/生保・損保/営業職)

・「『手足が長いから、あと10キロ痩せたら魅力的になるのにもったいないな』と言われた。好きな人に突然言われたから悲しかったです」(26歳/情報・IT/営業職)

・「夫はメリハリある体形が好きだと思っていたのに、先日細いきゃしゃな体形が好きなことが判明。残念」(32歳/電機/事務系専門職)

好きな人に、こんなことを言われたら、痩せるまで立ち直れないかもしれません。好みを教えてくれるにしても、もう少し言い方、伝え方というものがありますよね。

男性からの言葉で奮起してダイエットに励んだ人は少なくないでしょうが、ぐっさりと傷付く言葉を言われてしまったら、ダイエットをする気も起きないくらいへこんでしまうかもしれません。女性は傷付きやすいイキモノ。男性たちにはもっと気を使ってもらいたいものですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年6月にWebアンケート。有効回答数208件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE