お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

あぁ、なんてこと! 女性に聞いた「お泊まりデートでの失敗談」4つ⇒「下着がデカパン」

ファナティック

待ちに待った彼とのお泊まりデート。より充実した時間を過ごすためにも、身だしなみなどは、気をつけておきたいとこですよね。でも、ときにはそんなお泊まりデートで失敗をしてしまうことも……。そこで今回は、女性のみなさんに「お泊まりデートでの失敗経験」について聞いてみました。

ムダ毛の処理が……

・「ワキのムダ毛が処理できていなかった」(31歳/自動車関連/事務系専門職)

・「身体ばかりに気を使って、顔のうぶ毛が目立っていた」(33歳/機械・精密機器/技術職)

・「ワキ毛が生えていて服が脱げなかった」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「ムダ毛処理を忘れた。脇がやばかった」(26歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

予定外のお泊まりデートになってしまったとき、困るのが「ムダ毛処理」。夏場ならまだしも、露出が少ない時期は、ワキのムダ毛などは特に油断してしまいますよね……。

寝ているときに……

・「いびきをかいた」(30歳/商社・卸/事務系専門職)

・「寝言で元彼の名前を呼んだ」(23歳/その他)

・「大きないびきをかいてしまった」(30歳/医薬品・化粧品/専門職)

・「よだれを垂らして寝ているシーンを見られてしまう。かわいい寝顔を見せたいのに」(32歳/電力・ガス・石油/販売職・サービス系)

睡眠中の行動は誰しも無意識。いびきや寝言、よだれでさえも、自分ではなかなかコントロールできません。こういうことも笑って流してくれる彼ならいいのですが……。

下着が全然勝負下着じゃない!

・「下着がおばちゃんのようにデカパンだった。寒さに負けました……」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「ベージュのダサい下着を着けて行ってしまった」(27歳/通信/販売職・サービス系)

・「新しい下着を忘れたこと」(27歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「下着を上下別々のものをつけて来てしまった」(26歳/金融・証券/専門職)

「お泊まりデートのときは、勝負下着にする!」という人はめずらしくないと思いますが、油断をするとこんなことも……。彼に気がつかれないよう、必死になっちゃいます!

生理が……

・「予定より早く生理が来て、経血をマットにこぼす事件」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

・「生理になって、布団を汚してしまった」(29歳/自動車関連/技術職)

・「生理になってしまった」(33歳/医療・福祉/専門職)

きちんと月経周期をチェックしていても、不意打ちで生理がはじまってしまうこと、ありますよね……。どうしようもないことですが、生理痛などで万全の体調ではなくなってしまうこともあるので、せっかくのお泊まりデートの楽しさも半減してしまいそう。

女性たちが経験した「お泊まりデートでの失敗談」、いかがでしたか? こういった失敗をしても、気にしない男性もいますが、一番気にしてしまうのは、きっと自分自身。自分のためにも、彼のためにも、お泊まりデートの事前準備は万全に!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年3月にWebアンケート。有効回答数211件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE