お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

圧倒的大差! 女性が結婚相手として選ぶのは、交友関係が「広く浅くの男性」or「狭く深くの男性」?

ファナティック

日常のふとしたことや、普段はなかなか聞けないちょっとディープな恋愛観など、イマドキ女子の「みんなはどうなの?」という疑問を2択アンケートで調査しちゃいます!

結婚を考える男性のこととなると、さまざまな面が気になってくるもの。中でも、結婚後も関わる可能性のある彼の交友関係は事前にチェックしている……という女性も少なくないのは? そこで今回は、女性のみなさんに「結婚相手の男性の友人関係のタイプ」について、こんな質問をしてみました。

Q.友人関係が「広く浅く」タイプの男性と、「狭く深く」タイプの男性、結婚相手として選ぶならどちらかというとどっち?
狭く深くタイプの男性……81.8%
広く浅くタイプの男性……18.2%

<「狭く深くタイプの男性」派の意見>

深い友人付き合いができる人は信頼できる!

・「うわべだけでなく、ちゃんと何でも話せるような友だちがいるほうが信頼できる人だと思う」(32歳/その他)
・「信頼できる友人がいることは、人生において大切なことだから」(30歳/医療・福祉/専門職)
・「深い付き合いができる人は信頼にあたる」(27歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

お互いのことをよく理解し、深く付き合うには、誠実性などがなくてはなりません。それができるということは誠実な、信頼できる男性だと思う女性は多いようです。

友人関係が「広く浅く」な人がNGな理由

・「広いのはチャラい」(27歳/学校・教育関連/専門職)
・「あまり広いと、ムダな出費が多そう」(33歳/医療・福祉/専門職)
・「狭く深くの人なら、浮気されなさそう」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

交友関係が広いと、出会いも多いため、浮気の心配が尽きないかもしれません。また、交際費を掛けずに交友関係を続けるのも難しいもの……そういうことを考えると、「狭く深く」な付き合いができる人のほうが安心みたい。

<「広く浅くタイプの男性」派の意見>

もしものときに頼りになる!

・「困ったときに、その広い人脈が生かせそうだから」(27歳/金融・証券/事務系専門職)
・「交友関係が広いほうが何かあったときに役にたつ」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)
・「いざというときに助かりそう」(26歳/建設・土木/事務系専門職)

結婚する相手本人は持ちえないものでも、知り合いがたくさんいれば、もしものときの助けになりますよね。

友人がいっぱいいる人のほうが明るそう!

・「交友関係が広い男性のほうが性格が快活そう」(28歳/医療・福祉/専門職)
・「ある程度の人との付き合いはしていてほしい」(32歳/情報・IT/事務系専門職)
・「明るそうだから」(31歳/自動車関連/事務系専門職)

幅広い人付き合いをしていく上で必要なのは、やはりコミュニケーション能力。無愛想な人ではちょっと難しいでしょうね。明るい人が好きならば、人付き合いの幅の広さもその性格の指標になるかもしれません。

女性たちが結婚相手に求める条件、いかがでしたか? その人の人間性を判断する際には、その人だけを観察するのではなく、周りの人、その付き合い方を見るのも大変有効です。理想とする条件に「交友関係」を入れているのであれば、彼の交友関係を観察してみてみるといいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年6月にWebアンケート。有効回答数187件(22〜34歳の働く女性)

※この記事は2015年06月14日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE